ピクシブ百科事典

ガスゲゴン

がすげごん

ウルトラマンA第45話「大ピンチ! エースを救え!」に登場する超獣。別名「ガス超獣」
目次[非表示]

概要

  • 身長:78メートル
  • 体重:2万7千トン


人工衛星ジュピター2号に産み付けられたから孵った超獣。地球のガスタンク地帯に落下し、そこのガスエネルギーとして孵ったため、体内にガスが充満しており、地球上で倒すと街に大きな被害が出るほどの大爆発を起こす危険性がある。両手がになっているほか、口から火炎とガスを吐く。

一度はTACの冷凍ガスで氷漬けにされるが、体内のガスを使った発熱ですぐに活動を再開。散布されたガス中和剤もウルトラマンエースと戦っている間に効果が切れてしまい、光線が撃てないエースをピンチに陥れる。しかしTACの陽動で気を取られた隙にエースに宇宙へ運ばれた後、タックファルコンのレーザー光線で爆死した。

派生作品

ウルトラ銀河伝説では、ベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体として登場した。

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。
キングジョースカーレットに挑みかかるが、ルナチクス共々返り討ちにされた。

余談

両頬のコブはガスタンクをイメージしている。

関連項目

ウルトラ怪獣
メダン:同じくガスが大好物な怪獣。こいつも誘爆の危険性があった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガスゲゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2474

コメント