2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウルトラマンタロウ』の対怪獣組織であるZATの小型特別捜査車両。
運転席前方のピエロのような部分に高性能レーダーを搭載しており、主にパトロール用途に使われた。怪獣に対する武装も施され、対怪獣レーザーバズーカ、放電装置を搭載。また強固な装甲を持つ(でもガラスは脆い)。

そのデザインゆえ、大きいお友達から「昭和痛車」というあだ名がつけられている。でもって名称を直訳すると「ウサギシロクログマ」という意味不明な名前となるが気にしては(略

小説『ウルトラマンメビウス アンデレス・ホリゾント』の第4話『怪獣使いの遺産』では、メイツ星人に関する調査を行う際、移動用の車両としてGUYSのアライソ整備長がレストアしたラビットパンダが登場した。その奇抜な外見はアライソやヒビノ・ミライ隊員には好評だったが、主人公のハルザキ・カナタ隊員は一目見た瞬間に「うっ」と呻き声を発し、言葉を選びながらも抵抗を示し続けた末に、「なんというか、ラビットパンダは自分には似合わないのではないか」として搭乗を拒絶。出動する事はなかった。

犠牲車・・・もとい種車

本田技研バモスホンダ(初代バモス)が種車。

関連タグ

ウルトラマンタロウ ZAT 痛車

関連記事

親記事

ZAT ざっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラビットパンダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15901

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました