ピクシブ百科事典

荒垣修平

あらがきしゅうへい

荒垣修平は「ウルトラマンタロウ」に登場する人物。ZAT極東支部副隊長、のち宇宙ステーション勤務。
目次[非表示]

「脱出―っ!」
演:東野孝彦。第49話・50話のみ声:沢りつお

概説

ZAT極東支部副隊長であるが、中期以降実質的に隊長として指揮を取る。
朝日奈隊長からの信頼も厚い模様で、隊長と同時に登場した回は数えるほどしかない。
二谷一美副隊長と交代して宇宙ステーション転任(おそらく隊長昇格のための研修と思われる)まで指揮下の隊員に一人の殉職者、処分者も出さず、基地に宇宙人の侵入も許さなかった名指揮官である。

人物

朝日奈隊長を除けば隊員中で最年長であり、年長者ゆえの度量の広さで隊員に休暇を出したり部下の心情を読み取って宥めるといった描写が多く、鷹揚だが要所は締める。
与えられた権限のほかに権威、規則を適切に使う能力にも優れ、前述の基地防衛や民間団体への抗議など硬い対応を必要とされる局面で大きな威力を発揮した。
また指揮官として当然ではあるが万事特に戦闘において決断が早い(ただし、フライングライドロン戦のように逡巡することもある)。しばしば「脱出っ!」が代表的な台詞と揶揄される(東野孝彦自身もそのように発言している)が対生物用の溶解液も持っていたとおぼしきロードラ戦で全武装を失った際即座に走って逃げることを決断したケースなど、隊員に殉職者を出さなかった大きな要因であることは間違いない。
MACUGM隊員の撃墜死の多さを考えると、機体を失っても部下は毎回生還させている荒垣の能力は評価されるべきである。
年長者として大人の立場で発言することが多いが、純粋さを完全に失ってしまったわけではなく、グロン戦後のように不思議なものの存在を信じる発言をすることもある。ふざけて光太郎をからかうなど悪戯な一面も見せたことがある。

おにぎりをおかずにカレーライスを食べるという大食漢である。
怪しげなカニやキノコを食べても腹を壊さなかったことから、胃腸も丈夫なのであろう。

容姿の変化

容姿は三度変わっている。最初はサングラスをかけ、どこの刑事課長だという顔、次は口髭を生やした強面だったが、中盤で剃り落とした(ほとんど刑事ドラマの悪役であり視聴者特に保護者に不評だったらしい)。第49話では髪をポマードで固めており声音まで変化していた(転勤を前に緊張でもしたのだろうか)。


関連タグ

ウルトラマンタロウ ZAT

pixivに投稿された作品 pixivで「荒垣修平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124

コメント