ピクシブ百科事典

しんきろう怪獣ロードラ

ろーどら

本稿では、『ウルトラマンタロウ』に登場するロードラについて解説する。
目次[非表示]

データ

  • 身長:48m
  • 体重:3万8千t
  • 別名:しんきろう怪獣(平仮名で蜃気楼)
  • 出身地:箱根付近のハイウェイ地底

概要

第23話「やさしい怪獣お父さん!」に登場。
ハイウェイの地底に潜み、竜巻のような蜃気楼を発生させ手操る怪獣。
理由は不明だが自動車を狙っており、近くを自動車が通ると蜃気楼の中に巻き込んでドロドロに溶かしてしまう。

武器はシャワーノズルのような鼻から発射する溶解液で、金属ならすぐに腐食させて溶かしてしまうが生物には一切影響はない(しかし戦闘時にこれを浴びたウルトラマンタロウは少し苦しんでいた)。
これ以外には両腕から放つ電撃光線で、特に光線はストリウム光線を相殺させるほどの威力を持っている。

金属だけを溶かし人体には無害な溶解液を使えるということで、車を溶かされた民間人がその能力を利用して一儲けしようとするが、方法は「話せばわかると思う!」というよく言えば平和的、悪く言えばアホすぎるものであった。当然ロードラには言葉が通じるわけもなく話し合い自体が不可能で余計に事態が悪化したのだが、そんなの当り前である。宇宙人ならともかく怪獣と話し合いをしようとするタロウ世界の人間はやはりどこかおかしい。

怪獣としての能力面では生命力と再生能力が異常に強いのが特徴。竹の反動を利用して鼻に飛び乗ってきた光太郎に竹槍で目をつぶされるが、タロウとの戦闘時には目は再生していた。体を切断されても全然平気で、タロウのフット光線を受けて両手を切断されてもびくともせず、逆に切り落とされた首と両手だけでタロウに襲い掛かった。おまけに攻撃を終えた後には何事もなかったかのように首と両手は胴体にくっついていた。前述のとおりストリウム光線は相殺してしまい、目をつぶされようが首と両手を切断されようが平気ですぐに元通りという不死身っぷりを見せており、攻守ともにその能力は相当高いことがうかがえる。マイナーながらもかなりの強豪怪獣である。

最後はタロウの新必殺技「タロウスパウト」で空高く吹き飛ばされて粉々になり、その破片は大量のミニカーとなって降り注いだ
なぜ車を狙うのか、なぜ金属だけを溶かし人体には無害な溶解液なんて使えるのか、なぜ首と両手を切断されても平気なのか、挙句の果てになぜミニカーになったのか、最後までわけのわからない怪獣であった。

余談

名前の由来は道を意味する英単語「road」から

戦闘シーンで、タロウの右の角が取れかかっているシーンがある。

ウルトラ銀河伝説』では、ベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体として登場した。

関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣 自動車

pixivに投稿された作品 pixivで「しんきろう怪獣ロードラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1291

コメント