ピクシブ百科事典

小林泰三

こばやしやすみ

小林泰三は日本の小説家。
目次[非表示]

有名人として2名存在するため、pixiv上で利用される小説家を先に解説する。

小説家

 昭和37年京都府生まれ。名前の読みは「こばやし やすみ」。平成7年、『玩具修理者』にて日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、その翌年デビュー。この作品は映画化されている。その後、『人獣細工』、『脳髄工場』などを発表している。

作風

 さまざまな作品を発表しているが、SFホラーを題材にした短編を得意とする。『アリス殺し』のヒット以降は長編ミステリーも高い評価を受けている。物語や設定にクトゥルフ神話的な味付けを行うことがあり、作品間でセルフオマージュ的な要素が観られることも特徴。

 また、ウルトラマンのファンとしても知られており、ウルトラシリーズへのオマージュがふんだんに含まれたオリジナル作品『AΩ 超空想科学怪奇譚』や、公式アンソロジーとして発表されたウルトラマンギンガS外伝短編『マウンテンピーナッツ』、同じく公式アンソロジー作品であり星雲賞受賞作である長編『ウルトラマンF』などが存在する。

外部リンク

小林泰三の不確定領域

もう一人の小林泰三

 昭和41年東京都生まれ。名前の読みは「こばやし たいぞう」。美術史学者であるが、経年や各種災害等により劣化した作品をデジタルコピーし、それを元に作成された当時の状況を再現する「デジタル復元師」として知られる。

外部リンク

小林美術科学

参照

wikipedia:同項目小林泰三_(美術史学者)
ニコニコ大百科:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「小林泰三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2692

コメント