ピクシブ百科事典

AΩ超空想科学怪奇譚

あるふぁおめがちょうくうそうかがくかいきだん

『AΩ超空想科学奇譚』とは、小林泰三の小説。
目次[非表示]

概要

角川ホラー文庫から出版されている小林泰三の小説。
当初は『AΩ』というタイトルだったが、文庫化に伴って改題された。

様々な特撮作品やクトゥルフ神話へのオマージュが組み込まれているSFホラー長編。
怪奇・ホラー・グロテスク要素を前面に押し出した、小林泰三オリジナルの『ウルトラマン』とでもいうべき作品である。

カバーイラストはフジワラコウヨウ

ストーリー

駆け出しの童話作家・諸星隼人は凄惨な航空機事故から生還して以来、怪物と戦う悪夢や異常な肉体変化に苦しめられていた。実は彼の身体には、宇宙から飛来したプラズマ生命体「ガ」が憑依しており、あらゆる生命体を複製する謎の存在「影」との戦いを繰り広げていたのだ。

ある日、取材旅行に訪れた杉沢村で「影」の生み出した恐竜型の巨大レプリカントに襲われた隼人は「白い巨人」へと変身、圧倒的な力でレプリカントを撃破した。しかし、「影」の本体がカルト団体「アルファオメガ」の手に渡ったことにより、世界は黙示録を再現したかのような地獄絵図と化す。

果たして隼人と「ガ」は「影」を倒し、攫われた隼人の妻・沙織を救い出す事は出来るのか。

登場人物および怪獣

  • 諸星隼人

主人公。以前から童話作家を目指しており、著作「ロケット少年ピコロン」が受賞したため仕事を辞めて文筆業に専念しようとしていた。しかし、作品は受賞したものの出版はされず、作家として生計を立てるビジョンにも欠けていた為、妻の沙織と喧嘩して別居状態になってしまう。
実家に帰った妻を説得する為に飛行機で北海道に向かっていたところ、乗っていた旅客機が「ガ」と衝突。一度死亡するが「ガ」に憑依・蘇生させられる。それ以来、無意識のうちに「白い巨人」に変身してレプリカントと戦っている事に気付き、自身に何かが憑依していることを認識していく。やがて、「ガ」とのコミュニケーションに成功。自身の肉体を無断使用する「ガ」に反発しながらも、妻を救うため地球を侵蝕する「影」に立ち向かうことになる。

  • 「ガ」
「影」を追って地球にやって来たプラズマ生命体。
「一族」と呼ばれる種族の落ちこぼれで、事業に失敗して閑職に追いやられ、そこで出会った妻も事故で死亡。名前を奪われ落伍者の烙印を押されたが「影」との接触から生き延びた事を評価され、リーダーである長老「奴隷監督官」から「影」討伐任務を与えられる。
「影」を追って地球へ侵入するが、追跡の過程で旅客機に衝突してしまい、乗っていた知的生命体(人類)を多数殺害してしまったことで更なる窮地に追いやられる。プラズマ生命体であるため地球の環境には適応できず、隼人の死体と融合して共に一つの体を共有する事になる。
人類とは全く異なる生態・倫理観を持つ上に任務を最優先して行動するため、人間の死体を蹂躙したり子供を見殺しにすることも厭わない。しかし、妻を救おうと奔走する隼人の心情には理解を示し、任務遂行と並行して沙織の捜索にも協力する。
なお、度重なる失敗で名前を剥奪されているが、本名は……
  • 諸星沙織
隼人の妻。仕事を辞めてまで文筆業に専念しようとする隼人と喧嘩し別居していた。
夫が事故にあったと聞き遺体安置所に来たものの、無残な彼の遺体を見て思わず「モノ」と認識してしまい、更に隼人が奇跡的な蘇生を遂げた事で罪悪感を抱く。
そのため死者蘇生を謳うロックバンド「アルファオメガ」にのめりこみ、行方不明になってしまう。彼女がまだアルファオメガの「洗礼」を受けていないことを知った隼人は、彼女を救い出すべく東奔西走する。
  • 千秋
沙織の実妹で隼人の義妹。隼人に異性としての好意を持っているらしい。
杉沢村への取材旅行にも同行するなど、事実上のヒロインとして活躍していたが……
  • 唐松
飛行機事故の検視に来た警官。遺体が欠損していたにも関わらず、五体満足で復活した隼人に恐怖を抱く。後に隼人と再会し、沙織を救うため共に「アルファオメガ」へ戦いを挑む。言動には頼りない面もあるが、極めて強い正義感とサバイバル能力を持つ。
  • ジーザス西川
ロックバンド「アルファオメガ」の教祖。自称「復活したキリスト」。
当人は真面目に音楽活動を行っていたのだが、マイケル黒田から提供された「影」の本体に憑りつかれ、黙示録に記された「聖戦」を実行してしまう。なお、実は杉沢村出身者である。
  • マイケル黒田(黒田幸吉)
杉沢村で書店を経営する老人。当初は「アルファオメガ」をバカにしていたが、「白い巨人」と恐竜型レプリカントの戦いを偶然目撃したことで改悛。ジーザス西川を信仰するようになり、「白い巨人」を天使と崇めるようになった。恐竜型レプリカントの死体から回収した「影」の本体をジーザス西川に渡したことで、事態の悪化を招いてしまう。
その後、「アルファオメガ」の修道院で隼人と再会。人間もどきと化した自らの死を願うが……
  • アメーバ状キメラ
地球に到達した「影」が生み出した最初のレプリカント。蜘蛛、ネズミ、ヘビ、ナメクジなど無数の動植物を取り込みながら成長していった。最初は体長1mほどだったが最終的には体長20mにも及ぶ巨体と化し、「白い巨人」と激突する。
  • 恐竜
杉沢村の湖に潜伏していたレプリカント。山のように巨大な身体からは全長100mもの長さに巨大化した雷竜の首を2本生やし、腹部にはティラノサウルスの上半身が融合し、更に昆虫のような八本の脚を持つ。雷竜の首から吐き散らす液体は可燃性であり、「白い巨人」に熱傷による大ダメージを与えた上に杉沢村を火の海にしてしまった。全身に神経が分散しているため、多少のダメージでは動きを止める事が出来ない。
  • リチャード青木
「アルファオメガ」の信者。修道院の入り口で警備を担当していた。
「影」によってレプリカント化されてからは常にブリッジしたような体勢で腹に顔を持ち、脇から腕が生え、肩に角と五つの眼を持つ怪物と化した。人間を捻り潰せるほどの怪力を誇り、「貧弱、貧弱ぅー!」などと罵りながら隼人を殺害しようとするが、「ガ」によって脳に神経節を打ち込まれて忠実な僕と化してしまった。
  • メアリー新川
「アルファオメガ」の女性信者。
体高10mのケンタウロスじみた異形の下半身を持ち、頭部があるべき部分から本来の女性の肉体が生えたレプリカント。全身に鎧を纏っているうえ、長大な剣を装備しているため、人間の知性と防御力、攻撃力を兼ね備えた強力な個体。リチャード青木すらも斬殺してしまったが、隼人が思いついた奇策を受け敗れる。
  • おろち
地底から現れた無数のレプリカントの集合体。無数の人体(目、耳、口、指、生殖器)が融合した肉壁のような体を持ち、大蛇のような先端部には目と口を備え、口の中からは数百本の朱色の触手を放って獲物を捕食する。行動不能に陥っていた隼人と唐松を捕食しようとするが……
  • ロバート萩原
「アルファオメガ」の信者。自称「聖なる一角獣」
レプリカント化した際、ユニコーンになるよう想像したのだが、発想が貧困すぎたため似ても似つかぬサイのような姿になったらしい。更にその状態からサイ怪人のような姿に変形できる。
なお、変形プロセス及びサイ怪人の姿は某トランスフォーマーに酷似している。

用語

  • 白い巨人

隼人が「ガ」の力で変身した4mの巨人。
隼人と融合している「ガ」が隼人の肉体を再構成する方式で変身し、戦闘に使わない器官は全て退化し、色素がないため白い。皮膚は非常に分厚く、眼の周辺に眼球をカバーするメッシュのようなゴーグルで覆われている。感覚は通常の人間の五倍。
必殺技はプラズマを纏った拳を撃ち出す技で、TNT火薬1400t分の破壊力があり、杉沢村の湖を一瞬で蒸発させてしまった。両腕からナイフ状の器官を突出させての斬撃も可能。ただし、飛行能力は有していない。
この形態に変身した際に展開される戦闘は人間の肉体では耐えられないほど激しく、戦えば戦うほど隼人の細胞が崩壊していく。そのため活動時間は数分間が限界。
なお、変身しなくても常軌を逸した身体能力を発揮したり、プラズマを利用して攻撃するなど、ある程度の超常的能力は使用可能。

  • 「一族」
「ガ」が所属している真空と地場の電磁体からなる世界に住むプラズマ生命体。
内部小領域に棲息する「電気龍」という知的生命体と交渉しており、電気龍の体の薄い磁気壁を流れる電気を認識できないため自らを「二次元生命体」と認識している。
未知の生命体に出会うとまず観測し、どのような生命体なのか生態を調べてから友好的交流を試みる。無暗な犠牲を払う事は良しとしないが、もしも接触した生命体の文明が遅れているならば長い年月をかけて種族の進化を観測し、安全なら放置するが、危険と判断した場合は即抹殺する。(なお、人類は「充分に温厚」という評価が下されている)
  • 交接
「一族」が使用する人間で言うなら会話と性行為を一緒にしたような特殊なコミュニケーション能力。それを行う事で会話は勿論の事自分の知識を相手に渡したり、相手の知識を貰う事もできる。優秀な個体の情報で自身を強化し、種族全体に「自分」の情報を残すことも可能だが、逆に劣っている種族は情報を種族全体に広げないために交接を拒絶されてしまう。自分を残すため無暗な交接を試みる個体は、種よりも個を選んだ劣等種として断罪される。
「ガ」のように極めて劣等と見做された個体には、「名前を剥奪される」という重罰が下される。このような個体にとって交接の機会は無いに等しい。
  • 「影」
「一族」が一億年以上かけても未だコミュニケーションすら取れない影の粒子からなる生命体。無数の天体を組み上げて構成した超巨大な機械「パーセクマシン」によってこの宇宙に侵入してきた。
接触した生命体を分解し、「レプリカント」と呼ばれる生命体の複製を作り出すが、その目的は不明。人類や「一族」を滅ぼそうという悪意自体は無いようだが、「一族」は相互理解の不可能な生命体と認識しており、接触した「一族」が侵食されて情報汚染を起こす可能性がある為、危険視している。
「ガ」は「レプリカント化の過程で願望を具現化する能力を持った「影」は人間たちが待ち望んだ「神」ではないか」と評している。また、同作者の小説『ウルトラマンF』では、ある存在との関連性が示唆されている。
  • レプリカント
「影」が生命体を分解して作り出す複製品。
「人間もどき」と呼ばれているが、人間だけでなく他の生物や「一族」すらも複製が可能。
元の生命体を単にコピーするだけでなく、生命体の「願望」を反映した姿にすることもある。だが分解された生命体は死亡するうえ、保持している記憶は良くて分解される前の数日分しかない。そのうえ、願望は合理的な形で実現するわけではなく、その影響で醜悪な怪物のような姿になるという欠陥も抱えている(事実、劇中では妻と融合させられた結果、妻の顔が臀部に、妻の顔を肛門にされてしまった老人が登場する)
数日とはいえ人間としての記憶は保持している為、自分を人間と言い張り、自身の変化にパニックを起こし凶暴化する者もいる。
無数のレプリカントが融合して巨大な怪獣のような姿になる事もあり、こうした個体は「影」の意志を反映して隼人(正確には彼の中に潜む「ガ」)の殲滅を最優先に行動する。
初期にレプリカント化したアルファオメガのメンバーたちは彼らの願望通り、聖書の天使や悪魔の能力を反映されており、黙示録に記された「聖戦」を開始してしまう。
  • 杉沢村
物語中盤の舞台となる村。同名の都市伝説とは異なり、割と立派な駅や商店街を持つ温泉観光地。かつて化石が発掘されたことを理由に「恐竜の里」を観光の売り文句にしているが、実は発掘された化石は恐竜ではなくワニのような大型爬虫類のものだったうえ、その化石すら行方不明になっている。隼人の生還後、村付近の湖で恐竜らしきUMAの姿が目撃されるようになるが……
  • アルファオメガ
ジーザス西川が教祖を務めるロックバンド。傍から見れば宗教の様に見えるが、「宗教は人が作ったもので自分たちは神の声に従っているだけ」であるから宗教ではないらしい。
10曲連続メガヒットを記録する超人気バンドであり、文字通り「信者」の数も多い。
隼人の蘇生に関し、復活したのがキリストではなく隼人だったためキリストはすでに蘇っていると考えており、ジーザス西川がそれであると認識している。ジーザス西川が「影」の本体と融合し、彼の与える「洗礼」によって主要構成員がレプリカント化して以降は「最後の審判」が始まったとして異教徒の虐殺を開始してしまう。

余談

ウルトラマンジード』のシリーズ構成を担当した乙一は小林泰三ファンでもあり、同作のラスボスを「アルファオメガ」にする構想があったことをインタビューで明かしている。

関連項目

小林泰三 玩具修理者 マウンテンピーナッツ ウルトラマンF

コメント