2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

白化英霊(Fate)

ようじさば

Fateにおいて発生するサーヴァントの別側面。記事名の呼称については投稿者考案の仮称であり、今後別の記事名に統合・分離・転送記事化等の可能性があるので注意する事。
目次[非表示]

概要

サーヴァントは通常、『その英霊が最も最盛期であった時の肉体』で現界される。
ただし、召喚過程において何らかの干渉があった場合、『属性の反転』『別側面での解釈』によって本来呼び出されるべき肉体に何らかの影響が生じる事がある。

その代表的な物が『黒化英霊』と呼ばれるオルタサーヴァントと、本項目で紹介する"子供化"したサーヴァントである。
始めて「子供バージョン」と明言されたセイバー・リリィの名称に倣い、公式・ファンともに以降の類似例を「〇〇・リリィ」という愛称で呼ぶようにもなった("リリィ"とはラテン語で「花」のこと)。

ただし、実際にリリィと公式で呼ばれるのは女性サーヴァントのみで、男性サーヴァントに公称として付けられた事は一度もない。また定義的に「リリィ」と名付けてもおかしくないサーヴァントでもつかない場合があり、その法則性は現状では不明。
子ギルの別表記である「ギルガメッシュ幼年体」から、「幼年体」と便宜上記載される事もある。

召喚手順の原理としてはオルタとほぼ同じ。同じ英霊から顕現しているので性質は同じだが、オルタと違う点は『そのサーヴァントの幼少期の人格』が表面化している事(例外あり)。
性格についても、『大人の時の記憶』は有しているものの、思考・趣向・概念が肉体の年齢に引っ張られている傾向がある。

「時の流れは残酷」ともいうが、中には幼少期と成人期を並べた場合、「嘘だぁ!」と言われるほど容姿・性格が変貌しているケースも少なくない。ただし「三つ子の魂百まで」ともいうべきか、その人物としての「根底」は同じであるケースもまた多い。

オルタサーヴァントのイメージカラーが黒系統、瞳や肌の色にも影響が出るのに対し、こちらの瞳や肌といった外見的色設定はオリジナルと変わりがない。
強いて言うなら、幼さを出す為なのか、配色が元より明るくなっており、本記事の仮称もこうしたイメージから「黒化英霊」のごろ合わせとして捻出されたもの。

前述の通り、この状態はまっとうな召喚方法を行えば普通は発生しないものであり、サーヴァントとしての性能自体も、本来の大人時代より一回り弱い。
だが、近年では(主に社長とかのせいで)こうしたサーヴァントの召喚が(特にFGOで)発生している。
これら変質サーヴァントは基本七クラス以外にも発生しており、クラス等の縛りは特にない。流石に冠位は怪しいが、最終的に全てのクラスに登場しても可笑しくは無いだろう。

注意事項

  1. 成人する前に死んだ等、幼少期の肉体が最盛期として召喚された子供系サーヴァントは含まれない(ただし、後に大人サーヴァントが召喚された場合は訂正する)
  2. 明確に『元の霊基をいじくった』と公言しているサーヴァントは該当する。
  3. 元の霊基より若くなっても「…リリィ?」と年齢が疑問視されるサーヴァントは、とりあえず別枠とする。


該当サーヴァント一覧

※新規執筆随時募集中。

リリィと言う名を初めて冠したサーヴァント。以降、女性の幼少化をリリィと呼ぶのは彼女の名に由来する。
正確にはオリジナルの青セイバーも、完全な大人というわけでは無い。

恐らくは、男子リリィとしてもっとも有名かつ最古の存在。イリヤやかぷさばなど、様々な媒体で登場している。

レパートリーの多さに定評のある半竜鮮血魔嬢。
幼年期は完全にイレギュラーだが、少女期と成人期はそれぞれ別側面の全盛期とされている模様。

「こんな美少年がどうしてあんな筋肉マッチョになった」と、誰もが頭を抱えた。
ちなみに公式によると、宝具の一つが「使う度に神性は上がるが美少年スキルはランクダウン」という物があるからだとの事。

厳密には子供化サーヴァントとして召喚された訳ではなく、しかも依り代となった人間の方の話。
絆レベルを上げて霊基を上げていくと、何故か若返った。

ヘラに呪いをかけられ、イアソンを妄信する前の頃の姿。
どうしてこの子があんな大人になったのか。女神ヘラの加護が怖い。

リリィと名がついていないのは、神性がもっとも高かった時期の全盛期では無いのかと目されているからとかなんとか。
ベースが反英霊のメドゥーサがそのまま神性を保った状態での現界…言うなれば、ポセイドンが手を出す前のピュアな時期。

ジル・ドレェが聖杯に願ってジャンヌ・オルタが誕生し、そこに更にキング・ギルガメッシュの胡散臭い薬が加わったことで、このジャンヌ・ダルク・オルタ・リリィが誕生し、そのジャンヌ・ダルク・オルタ・リリィがサンタを志したゆえに生まれた(該当記事からのそのまま引用)
経緯も名前も非常にややこしくてみんな間違える。

どうしてこうなった!は、当時のマスター達の悲鳴。
女好き絶論男の幼少期は、初心で女性関係に奥手な気弱な男の子。成長までに、一体何かあったのだろう。

本人曰く、本来の女帝時代ではなく「どんな手を使っても上り詰める」と決意した少女時代が、自分という人間を構成する全盛期だかららしい。

外来サーヴァントのアルテラが、色々あって一回リセットした後で再起動した姿。悪い文明を滅ぼすのではなく、様々な文明を目にして、そこから学習して役立てようとする健気な子にシステムチェンジした。

天才レオナルドは現界の際、愛する傑作《モナ・リザ》をリスペクト。自身を女体化した状態でカルデアに召喚された。
後に、自身のバックアップとその他の権限を持つ人工サーヴァントを作ったのだが、何故か女体化した自分のロリ化。劇中曰く、天才とアレは紙一重。

絵師として成功する前の少女時代、現代で言う思春期真っ盛りの中二の時分。父方の祖母が侍の血筋である為に暴走した、彼女の若き日の黒歴史…
この彼女は大人の記憶がすっぱりと無い為、本当に黒歴史だとオリジナルは嘆いている。



『嘘だぁ!』は、イベントでこの子の真名を知った時のメンバーの悲鳴。
妖怪歯茎ジジィの幼少期が美少年と言うギャップに、さしもの黒髭も現実逃避を余儀なくされた。
その半生は謎に包まれているが、どこかの画家が彼を美少年として絵を描いたので、美少年コロンブスのブームが起きたらしい。正気か汎人類史?



老人・青年版



大抵のリリィは「青年期との年齢差」によって分類(?)されるが、これら人物は最盛期とされる歳が高齢期である為、若返っても青年期と言うパターン。
リリィ=子供である為、このような『若返ってもリリィ(子供)では無い』パターンも、総数は少ないが或ることはある。

その他

全盛期ではない幼童の姿で現界している事が名言されているものの、現在本来の姿としての活躍が確認されていない少数例。
そうなった原因については千差万別で、中には本人もよく把握していない場合もある。

何故か「少年の肉体に大人の精神」という状態がデフォルトとなっている稀有な英霊。後に成人状態の彼も登場しているが、能力や精神に変化はない。
CVが某七変化なので、元々声が変だったとは言え…。

茶々



パリスくん


「この時期のパリスちゃんが一番輝いていた」という理由で、付属している太陽神が霊基を勝手にいじくった。結果、生前の彼を知っている知り合い全てが「お前誰だ!」と叫び、実兄が頭を抱え、第一部からパリスの悪評を聞き続けているマスター達が絶句。

どちらもネモの存在・人格をベースに、他の霊基が習合した特殊サーヴァント。
それ故、本来老人期が全盛期の所、融合先に影響される形で若者として現界している。


関連項目

Fateシリーズ サーヴァント

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました