2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

日本人に見つかった結果

にほんじんにみつかったけっか

海外で描かれたものが、日本ではまったく別の方向で受け入れられてしまうこと。 天照大御神とイエスと仏陀と死人の魂とその辺の石やら動物やらをまとめて並べて祀った結果がこれだよ!
目次[非表示]

「我々の力と云うのは、破壊する力ではありません。造り変える力なのです。」
──芥川龍之介『神神の微笑』

概要

海外(主に宗教文学作品)で描かれたものが、日本だとおかしな形で受け入れられてしまうこと。あるいは、まともな形で伝わった後で原形不明なまでに変容すること。

最たる例:クトゥルフ神話→『這いよれ!ニャル子さん

主に近年の萌え文化に何でもかんでも取り入れてしまう日本サブカル界隈の無節操ぶりを指すが、その傾向は古くからあり、古代飛鳥時代にまで行きつく。

例えば江戸時代の文政8年に、かの有名な滝沢馬琴が著した傾城水滸伝がある。なんとこれは水滸伝女体化パロディー小説である。
また浮世絵業界でも歴史上の偉人女体化ネタが「見立て」「やつし」と呼ばれてブームになっており、ジャンルを問わずそういった傾向があったらしい。

このように、日本は古来より海外からもたらされた文物を、受け入れ真似て根付かせるだけでなく、自分たちに見合ったものに作り変えたり、それまでにない新たな創作物を生み出し、大きくまたは全く異なった独自のものに発展させてきた。

言語で言えば「ひらがな」「カタカナ」「和製漢字」。
明治以降の「和洋折衷」。
料理で言えば、中国ラーメンインドイギリスカレーイタリアナポリタン

また擬人化文化も江戸時代から盛んで、軍艦でも国家でも刀剣でも擬人化し、日本の蔑称テロリストすら可愛く萌え化してしまう。
こうした驚異的な咀嚼力が、仏教伝来、鉄砲伝来、近代化、戦後復興も成し遂げた日本の歴史の根底にあると言っても過言ではない。

この傾向は昨今でも変わらない様子である。いや、むしろ無限にパワーアップし続けている

原因・背景

それらの価値観形成の根幹にあるのは、どうやらあらゆるものを受け入れる多神教信仰が常識として根付いているせいのようだ――という前提で本記事は話を進める。

クリスマスに騒いで神社に初詣行って葬式には坊さん呼びます。」

この言葉に全てが集約されている。

ちなみにクリスマスに騒ぎ始めたのは戦後からの話ではない。
クリスマス会という概念は戦国時代に伝来し、江戸時代にはキリスト教禁令で一時姿を消したものの明治に入って復活し、昭和初期には既に一般化されていた文化である(昭和7年に発生した白木屋大火は、クリスマスデコレーションの電球の故障が出火原因だった)。

そもそも日本に古くから伝わる神道仏教には「完全な善」「完全な悪」が存在しない。
怨霊でさえも丁重に祀り「御霊」として神格化することでその怒りを鎮めようとした背景からも、そのことが窺えるだろう(神頼みの際に「神様仏様」なんて表現が普通に出てくるのがその現れ)。
それどころか、海外ではお互いに邪教徒として殺し合いまでした神々をも、同じ社に並べて崇め奉るほどである(死神疫病神貧乏神といった人間にとって害悪でしかないような存在までもが日本では神格を与えられている)。

八百万の神」という言葉が示す通り、一神教で言うところの「唯一神」の概念とは畏敬の対象がかなり異なっており、超常的な存在であるなら無機物だろうが仏だろうが人だろうが十把一絡げに「」扱いしてきたのが、古来伝統の日本の宗教観なのである。
分かりやすい一例として『女神転生シリーズ』があり、超常的存在は唯一神といった者も含めて例外なく、人間にとって存在そのものが善だろうが悪だろうが関係なく全て「悪魔」と一括りにされ、容赦なくぶっ倒したり仲間に引き入れて一緒に戦ったりできる。

そのため、実は大方の日本人が悪魔という存在を真に理解できていない
唯一神を頂く一神教(特にアブラハムの宗教ユダヤ教キリスト教イスラム教に顕著)において、悪徳を偶像化したものがいわゆる「悪魔」なのだが、災害(神の怒り)にガンガン襲われる災害銀座とも呼べる島国に暮らす日本人が、海外からやって来た悪の権現ごときを今さら恐れるはずもなく、やはりあっさりと受け入れて神格化してしまうのだ。

そもそも上記のような一神教では、神の教えこそが絶対であり、極端な話、内容が虐殺だろうが迫害だろうが神(正確には神の代弁者=神父)の御意ならば無条件に従うのが敬虔さである。
逆に神の意志にそぐわぬ者、敵対する者は容赦なく悪者として扱われ、時代や場所によっては人間としてすら扱われない。そうした教えのもとで生きている人々にしてみれば、他宗教の神など悪魔と何ら変わらないのだ。
いまだにあちこちで宗教関連の紛争や戦争が起きているのも大方これが原因である。(もっとも状況ははるかに複雑かつ政治的になってはいるが)
また、日本でも宗教的な対立や宗教が度を超えて政治に介入したため武力闘争の事態になった例がないわけではない。代表例としては戦国時代の一向一揆や、信長の比叡山焼き討ち、江戸時代初期の島原・天草一揆といったところだろうか。

雑にまとめてしまうと、日本人にとっての「善・悪」とはどちらも主観的な価値観のひとつで、かつ世界を構成する要素の一つであり、反対に一神教が根付く国の人々にとっての「善・悪」とは、神が定めた基準または神の意志が善、それに逆らう勢力の意志が悪で、その神に忠誠を誓えば善人、放棄すれば悪人ということになる。
また、海外、とくに英語圏の創作作品では上記の考え方から、善悪は価値観と言うよりは「善=神、悪=悪魔や魔王」と実体の捉えやすいものと考えられていることも多く、善行を積むと神の祝福≒正義パワーがチャージできる、というシステムを持った作品もある。

一方で日本人は、そもそも宗教に対する線引きがあいまいな上、良くも悪くも宗教活動という意識自体があまり無い。というよりも生活に溶け込み過ぎているため、わざわざ意識する必要がない。
早い話、日本人の感覚では道端の石っころにさえ神様が宿っている(日本人の擬人化気質はここが起源)ため、神様は非常にありふれた存在であり、解りやすく言えばご近所さん的な地続き感覚があるのだ。ちなみにこういった感覚は日本にしか存在しないかというとそういうわけでもなく、ヒンドゥー教とかも似たような状態である。
ぶっちゃけた話、伝統的に受け継がれてきた日本人にとっての「神」という存在は「怒らせたらやべえ奴ら」であり、ご機嫌を取ってなだめる対象という意識が基本なのである。おだてて利益を得れば感謝し、供物と言う名の報酬を与える事を惜しまない、これが日本古来の祭り文化の基本精神である。

当然、他国からやって来た神様に対しても括りが一緒なので扱いは全く変わらないし、場合によっては遠慮や容赦など全くしない。
「私が唯一絶対の神である」と主張する他国の神様のすぐ横で「ふーん」と興味なさげに酒を飲んでるのが日本の神様と表されることもある。無論、神道の多様性によって、変わらぬ信仰こそを後生大事にしている方々もいる。
また、日本人が宗教や神といった存在を軽んじているのかと言えばそうでもなく、むしろ厳しい。宗教施設(自国に土着している神社・仏閣はもちろん、教会やモスクに至るまで)に破壊活動を行うと、一般的な日本人は祟りが怖いので「この罰当たりが!」と痛罵する。
完全に宗教に傾倒していない人間との決定的な差は、ここにあるといっていいだろう。

もうひとつの傾向

宗教観と並んで価値観のデタラメっぷりを加速させているのが言語体系であると言える。
世界でも珍しい表意文字併用言語であり、しかも表音文字も一般的な形態だけで2種類ある。このため、ラテン文字言語体系における子音子「l」と「r」の区別がつきにくい(Engrish)という欠点はあるものの、ほぼ世界において日本人に発音できない単語が存在しない……と思っている日本人は多いが、実際はその逆文字で正規表現できる音が100前後しかなく、他の言語と比較すると非常に少ない(例えば英語の音は3000前後と言われている)。

ところが、日本語は古来日本語(やまとことば)の他に、多数の外国語の影響を受けている。しかし文字は古来日本語に合わせて開発されたため、これらあたりの訛りを厳密な正規表現だけで表現できない
このため、発音に関してはかなりいい加減で、もともと表音文字のはずの仮名が時代によって全く違う音だったりする。近現代にあっては表記に困るととりあえず文字同士を組み合わせたり、記号でも何でも使って力技で表記してしまうのがフツーの思考になってしまっている。

  • What time is it now? (今何時ですか?) → 掘ったイモいじるな
  • クニャージ・スワロフ(日露戦争のバルチック艦隊旗艦) → 国オヤジ座ろう
  • English → イギリス
  • España → イスパニア(エスパーニャ)
そのため外来語の導入が非常に容易……というかいい加減に導入してしまうため、文化的に影響の強い中国を除いたとしてもそれ以外の外来語抜きで会話するのは事実上不可能な状態になっている。
英語などは、戦前はイギリス、戦後はアメリカ合衆国と強く結びついたために日本人が使いやすそうなので作り出した英語を例に引くまでもなく本来の発音とは別モノになっており、一部はとんでもないことに英語圏に逆輸入されるに至った。(「TSUNAMI」「WAIFU」など)

そして言葉を簡単に吸収してしまうということは、文化を簡単に吸収してしまうことと同義である。
そのため日本の文化はどの様式が日本本来のものなのかを分類するのがもはや不可能。日本での主食であるも渡来してきたものだし、中国から儒教や仏教をいただき、南蛮渡来のカステラ金平糖(しかもでは一旦廃れて技術が途絶えたために職人が日本にわざわざ研修しにくる)を作り、文明開化と同時に牛鍋をつつき、ビーフシチューを作るつもりが生まれ出たのが肉じゃがだったり(ただしこれについては諸説ある)、戦後はロックンロールを流しながらハンバーガーを食べるとか雑食にもほどがあるだろ
しかも、言葉を改造してしまうことで分かる通り魔改造が十八番であるため、原型を逸脱した日本独特の存在になってしまうものも……

もはや枚挙にいとまがない。

一方で文法はファジーなところが見受けられるものの、実は世界的にも硬い体系を持っている
これはコンピュータに理解させるために開発された言語「Mind」 Wikipediaの記事 が日本人にとってコードだけで何やってるか理解しやすいという点に現れている。
これにより複雑な事象をより安易に文章で表現できる。

日本人が外国語の習得を苦手とするのは主に文法のほうが由来
日常会話はともかくとして、正規表現を使えば必ず伝わるのが日本語だが、日本語と同じような文法の言語は世界的に見てもドイツ語ぐらいしか存在しないのだ。
このため、外国語の習得をしようとすると大体の日本人が文法で蹴っつまずく。英語などはハンパに文法教育を受けるよりテキトーに単語並べて会話している人のほうが外国人に出会って慌てなかったりする。→近い例:出川イングリッシュ

そして当然のように合体事故

日本人、より厳密に言えば“大和人”の頭ン中お花畑ぶりが全力で発揮されたのがアイヌの同化である。海外だとアイヌのような文字を持たない少数民族は、産業革命によって国家の支配が“点と線”から“面”に移行する時期に、より強大な国家によってジェノサイドの対象になったり、文化様式を消され、被支配側に対して、支配側の生活様式、文化を上書きしてしまうという、乱暴な同化政策がしばしばとられた。

ところが日本人とアイヌの場合、まず宗教が同じようなものだった。アイヌなどアルタイ諸語圏の少数民族に見られた精霊信仰は、日本の神道とこれっぽっちも違わないのである
つまり、どういうことかというと……

アイヌが精霊を信仰している場面を目撃する。
 ↓
日本人「お、ここの土地神様かな。んじゃ祀っとかんとねぇ」
 ↓
日本人「御利益は何じゃろ。ふむふむ」→日本語で記録。
 ↓
マジで神社を作って祀っちゃった☆

同化完了。

……という具合に宗教を潰すどころかどんどん吸収してしまうので衝突など起こりようがなかった。こうした背景があって、東北から北海道にかけてアイヌ由来の神社が点在している。しかも祭神が何の神様だったのかという記録もしっかり残っている。

確かに蝦夷地支配にあたって闘争があったのは事実であるが、それは単純に“日本人vsアイヌ”という構図では語れない。どちらも人間の集団であり、当然ながら一枚岩ではいかないのだから、様々な勢力の思惑があって突き詰まった結果、武力行使という形になっただけといえる。

そして今度は言語のユルさが出てくる。北海道には力技で漢字を当てはめたとしか思えない地名がウンザリするほどあるのは言うまでもない。これらの大半はアイヌ語由来である(早い話が道都の札幌もアイヌ語由来)。日本語なら大抵の音は記録できる(と、本人たちは思っている)ので、漢字の組み合わせ、足りなかったのでカナ動員で記録したのが現状である。

明治維新以降急速に“北海道の開拓”が国策として推し進められ、アイヌの伝統的な生活様式が失われたのは事実である。だが、持ち込まれた様式と言えば江戸時代までのコテコテの日本様式ではなく、文明開化に浮かれまくって脱亜入欧しまくったイロモノである

こんなのが「民族浄化」であってたまるか

また、そうなった背景も考えなければならない。国家間でも力の支配が当然であったこの時代、とにかく急いで近代化しなければならなかった。当時の日本は、現在の経済力第3位・GFP軍事力評価第5位の大国ではなかったのだ。
だが、日本文化驚異の浸透力により、アイヌに関する多くの記録は日本語によって残された。これが事実である。

一方で、琉球の編入は諸事情あるものの明白な武力侵攻である。とはいえ、やはり琉球側にしても複雑で、日本派と中華王朝派で対立があった。実際、沖縄には漢字を訓読みにした地名が存在する。

  • 読谷(よみたん)
  • 国頭(くにがみ)
沖縄には難読地名がどうたらおっしゃる方、これは読めますね?

そういうわけで、日本語でテキトーに(やった本人たちは大真面目だろうが)記録が残されているものだから、自国の少数民族の古い文化ということで妄想しまくった結果の産物はすでにWebが一般化する10年以上前から量産されまくっている……ホントもうやだこの国

日本人が見つけた結果

本来は悪徳の化身として描かれていたはずのサキュバス(夢魔)やダークエルフ(黒エルフ、自然と共に生きるエルフと違い、悪魔や魔王と共謀し私利私欲に走る)などの受容と変容が挙げられる(黒エルフは本来ドワーフを意味するとの説もある)。

日本人の感性では、そもそも根幹の「無条件に悪徳であること」が受け入れられないので、それらをなんとか解釈しようと「なんで悪と決め付けて迫害するのか?」「世界を構成する一要素が失われては世界が滅ぶのでは?」「子作りって悪なの?度を弁えればめでたいことでは?(姦淫を悪と断ずるのはおかしいのでは? そもそも子作りしなきゃ人類滅亡では?)」「そもそも正義とは何?」「押し付けた正義は正義なのか?」「正義のためならなんだって許されるならそれはむしろ悪では?」といった感じで深読みから始めてしまう傾向にある。

結果的に考えるのがめんどくさくなり「エッチな事専門の悪魔(サキュバス)」「俗っぽい自分勝手なエルフ(ダークエルフ)」等と勝手に定義し、「サキュバスなのにエッチな事が苦手」「自然共生が行き過ぎて逆に他者の害になるエルフと適当が故融通が利くダークエルフ」等、場合によってはその定義すらブン投げて例外なくネタにするため外国人に困惑される事例多数。
このような定義は結局「基本的な形」でしかなく、好き勝手なアレンジが得意な日本人からすれば「ノリが全て」でしかないのである。要は楽しけりゃなんでもいいのだ。
そのせいで解釈違いがどうのと言ったところで本家本元からすれば「どっちも間違ってる」事でわちゃわちゃやったりするのだが。

良くも悪くも島国海禁政策で外国との交流が乏しかったため、生産物を無自覚に海外にまで垂れ流し(逆輸出とも言える)、その国の重要な価値観に影響を及ぼすこともあった。はっきり言って大東亜戦争の一因もここにあったりする
当時のヒトラーの人種観はヌルい部類に属した(結果として行った政策の是非とは別問題)といえば日本人の価値観とどれだけ乖離していたかわかるだろう。敗戦して滅亡するどころか経済的にはよりモンスターと化してしまい、フォローの手段はもはや皆無。島国へ行ったはずの悪の化身が何の説明もなく萌え萌えになって帰ってきたら腰を抜かすのも宜なるかなである。

ちなみに自国発祥のものに対してももちろん容赦なんてあるわけもなく、それ自体は以前からあったものの世界中に伝播するパンデミックを起こしたのがこれ駆逐艦ハイエースしてダンケダンケ」とか2013年以前だったら確実に頭のおかしいやつである。
もっともこのジャンル自体昭和初期にはあったのだが。ちなみに同時期の元同盟国違うジャンルやらかしていたりする

と、ここまで書いてみたものの、このような「海外の文化を自国の文化にアレンジして取り入れる」ことは必ずしも日本の専売特許という訳ではない。
文化的・地理的に日本にこのような傾向が強いのは間違いないが、海外は海外で、その国の文化風俗によって、日本では想像もつかないような化学変化が発生していたりする。
ハワイのスパムムスビ、パラオのウドン、台湾のカレー、柔術がブラジルに持ち込まれた事で独自進化したブラジリアン柔術とかな! → もうやだこの星

日本に見つかった結果

漫画・アニメ


ゲーム


音楽


映画・ドラマ


神・妖精


アパレル


競走馬


その他


関連項目

日本 日本文化 日本の伝統 サブカル
擬人化 萌え どうしてこうなった もうやだこの国

SCP_Foundation SCP-835-JP(消照闇子)
謎の惨殺現象をSCP財団日本支部によって「萌え化」することで無力化されたSCP

日本面
japanizing beam
対義語:フジヤマ・ニンジャ・ヤクザ(逆に海外の視点からの「どこかが間違っている」日本)

関連記事

親記事

どうしてこうなった どうしてこうなった

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 533949

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました