ピクシブ百科事典

ササヤマミロス・カワイイ

ささやまみろすかわいい

ササヤマミロス・カワイイとは、カワイクナイ古代哺乳類である。
目次[非表示]

概要

約1億1200万年前、白亜紀前期に生息していた古代の哺乳類
左右の下顎骨が完全な形で発掘され、現状「日本最古の哺乳類」と認知されてきた。
その骨の大きさから、全長は10cm弱、体重は40g~50gでネズミ程度の大きさと推測されている。
(注意:ココからは説明に入りますが吹かないで下さい)

学名のSasayamamylos kawaiiとは?

  • Sasayamaとは、篠山市にある篠山層群のことで、
  • mylosとは、ギリシャ語で「臼」を意味し、
  • kawaiとは、河合雅雄にちなみ、
  • iは、ラテン語の男性所有形である。


想像図は凶暴そうな顔つきでカワイクナイ。むしろコワイイ
その凶悪な歯で虫を殻ごとバリバリ食べていたと見られている。
なお、歯の割合(前歯・犬歯・小臼歯・大臼歯)は人類を含めた現生真獣類と一緒であり、ササヤマミロスの化石はこの時代に哺乳類の歯が急速に発達したことを物語っている。

河合先生は一応兵庫県現篠山市出身の、おさるの先生で、おさる関係の哺乳類はユーラシア北アメリカ大陸のどこぞで発生したと考えられる、のだが、じゃあ日本で発見されたこれが儂らの祖先かというと、この、頬がない可能性が高い割にまんこはあったけど胎盤の可能性が微妙(どうせひりだされてから哺乳類の進化を再現するんだよこいつらは)なコレジャナイ真獣類、厳密には「多分胎盤があるんではなかろうか哺乳類」の化石はこのササヤマミュロス(ギリシャ語の表記はこうも読める)以降ウン千万年間の地層から発見されていない(そりゃ出てない白亜紀のセノマン期、チューロン期へタイムトラベルすりゃその辺にいるもふもふの結構な種類に「まんこがまんこがまんこが」という可能性は否定できんが ちなみにこれがもふってたちょっと前のバレーム期からはその手の生き物が発見されている)。そのため、この種がおさるの祖先、つうか哺乳類(「ローラシア獣類」という)の本当の祖先であるか、後と本当に関連する種かは、実は謎。


関連タグ

古生物 なにこれこわいい 哺乳類

pixivに投稿された作品 pixivで「ササヤマミロス・カワイイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197

コメント