ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

約1億1200万年前、白亜紀前期に生息していた古代の哺乳類
左右の下顎骨が完全な形で発掘され、現状「日本最古の哺乳類」と認知されてきた。
その骨の大きさから、全長は10cm弱、体重は40g~50gでネズミ程度の大きさと推測されている。
(注意:ココからは説明に入りますが吹かないで下さい)

学名のSasayamamylos kawaiiとは?

  • Sasayamaとは、篠山市にある篠山層群のことで、
  • mylosとは、ギリシャ語で「臼」を意味し、
  • kawaiとは、河合雅雄にちなみ、
  • iは、ラテン語の男性所有形である。


想像図はワニのように大きく開く口に牙が並ぶ顔つきでカワイクナイ。むしろコワイイ
その凶悪な歯で虫を殻ごとバリバリ食べていたと見られている。
なお、歯の割合(前歯・犬歯・小臼歯・大臼歯)は人類を含めた現生真獣類と一緒であり、ササヤマミロスの化石はこの時代に哺乳類の歯が急速に発達したことを物語っている。

なお、本種を始めとした原始的な真獣類と我々人類を含む現生哺乳類との関係は明確でなく、直接の祖先ではなく祖先から派生した傍系の種である可能性もある。

関連タグ

古生物 なにこれこわいい 哺乳類

関連記事

親記事

絶滅した哺乳類の分類の一覧 ぜつめつしたほにゅうるいのぶんるいのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ササヤマミロス・カワイイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 526

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました