ピクシブ百科事典

三錐歯目

さんすいしもく

三錐歯目とは、絶滅した哺乳類の分類の一種である。 「三錐歯類」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

三錐歯目はモルガヌコドン科を起源とするグループと考えられ、その後ジュラ紀中期から白亜紀後期まで化石が知られている。臼歯の基本的パターンは、モルガヌコドン科から白亜紀に絶滅した最後の仲間に至るまでほぼ同じだが、の二重関節は消失している。他の多くの中生代哺乳類と同様に、大部分は小さな食虫性の動物で、夜行性だったと考えられている。例外的に、当時の哺乳類としては比較的大型の捕食者も輩出している。ゴビコノドン科の中には1mを超える者もあり、また、幼体とはいえ恐竜を捕食していた。満州で発見されたレペノマムスの化石の腹部には、消化途中のプシッタコサウルスの幼体がおさめられていた。夜行性の動物では1m近くという大きさに達するのは難しいとされており、彼らは昼行性だったのではないかと言われる。

分類

ジェホロデンス科

ゴビコノドン科


関連タグ

絶滅した哺乳類の分類の一覧  夜行性 昼行性

コメント