ピクシブ百科事典

レペノマムス

れぺのまむす

哺乳綱三錐歯目ゴビコノドン科の古代哺乳類

概要

学名の意味は「爬虫類のような哺乳類」。
体長60~104㎝。
食べ物は恐竜幼体腐肉
生息年代は白亜紀前期。
中国・遼寧省に生息。
臼歯がなく大きく尖った前歯、大きな下顎を持つことから捕食性の肉食獣と考えられている。発見された新種R・ギガンティクスは大型犬並の大きさで当時の白亜紀哺乳類としては異例の大きさである。またR・ロブストスと呼ばれる種の化石の辺りから、全長20㎝程の恐竜プシッタコサウルスの幼体のが見つかっている。当時の初期哺乳類はネズミ程の大きさで恐竜等に生活の場を制限され、夜間等を食べて影を潜めて生活を送っていたと考えられていたが、この発見により、初期哺乳類の生存域は多様であったと言われている。

関連タグ

哺乳類 三錐歯目 ゴビコノドン 
絶滅した哺乳類の分類の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「レペノマムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント