ピクシブ百科事典

マシアカサウルス

ましあかさうるす

白亜紀後期のマダガスカルに棲息した小型の肉食恐竜である。

概要

「ノップラーの意地悪な爬虫類」を意味するマシアカサウルス・ノップレリは、白堊紀後期のマダガスカルに棲息した小型の獣脚類である。目下ゴンドワナからのみ発見されているノアサウルス類の筆頭であり、依然として部分的ではあるが、命名されたノアサウルス類の中ではもっとも化石が発見されている。

もっとも目を引く特徴として、「下向きに彎曲した下顎」とそこから伸びる(後ろ向きに)彎曲した歯がある。これがある種の翼竜に似ていることから、マシアカサウルスは翼竜同様、魚や小動物を捕えていたと考えられている。(上顎を上向きに反った形で復元することがままあるが、これはおそらく間違いである)

種小名のノップレリは、発掘時に発掘チームがよく聴いていたロックバンド「ダイアー・ストレイツ」のリードヴォーカリスト兼バンドリーダーの「マーク・ノップラー」に敬意を表して命名された。

関連タグ

獣脚類 ケラトサウルス マダガスカル

pixivに投稿された作品 pixivで「マシアカサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289

コメント