ピクシブ百科事典

アグスティニア

あぐすてぃにあ

白亜紀前期のアルゼンチンに棲息した竜脚類の一属。
目次[非表示]

名称

学名:Agustinia ligabuei Bonaparte, 1999
発見者のアグスティン・マルチネリと発掘の資金援助を行ったジャンカルロ・リガブエに敬意を表して命名された。

特徴

1999年に命名されたアグスティニア・リガブエイは、竜脚類の中でも非常に謎めいた恐竜の一つだ。独特の装甲板があった可能性が高いことで知られるが、これは当初ステゴサウルスなどの剣竜類のような背中の中心に沿って並ぶ幅の広い、垂直のスパイクとプレートであると解釈されていた。しかし、保存状態の良くない化石をさらに研究した結果、これら「プレート」に見えたものは実は肋骨や骨盤の断片である可能性が高いことが分かった。

現在のところ断片的な胴椎・骨盤・尾椎の化石しか知られていない。後肢の化石も回収されており、腓骨、脛骨が各1つ、中足骨が5つ含まれている。大腿骨も同じ場所で発見されているが回収できないほど断片化していた。

装甲があると仮定されていることを除くと、アグスティニアの記載されている解剖学的な特徴は非常に少ない。分類についても不明な点が多く、ディプロドクス上科だとする説とティタノサウルス形類だとする説があるが、未だはっきりしていない(ここではティタノサウルス形類とする)。

発見されている腓骨の長さは約90センチで、これを他の竜脚類のものと比較すると全長10~15メートルと推定される。しかし化石は断片的であり、独自の装甲があった可能性にも疑問があり、他の近縁種と比較するには不十分であるためアグスティニアは疑問名であるとする古生物学者もいる。

関連タグ

ディプロドクス上科 ティタノサウルス形類
アマルガサウルス・・・同時期のアルゼンチンに生息した竜脚類で、首に刺を生やしていた。
サルタサウルス・・・白亜紀後期のアルゼンチンに生息した竜脚類で、背中に鎧があった。

関連記事

親記事

ティタノサウルス形類 てぃたのさうるすけいるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アグスティニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 411

コメント