2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

タンバティタニス

たんばてぃたにす

兵庫県篠山市の白亜紀前期の地層から発見された中型竜脚類。かつては「丹波竜」と呼ばれていた。
目次[非表示]

概要

分類
界:動物界 Animalia
門:脊索動物門 Chordata
鋼:爬虫鋼 Reptilia
亜綱:双弓亜綱 Diapsida
下綱:主竜形下綱 Archosauromorpha
上目:恐竜上目 Dinosauria
目:竜盤目 Saurischia
亜目:竜脚形亜目 Sauropodomorpha
下目:竜脚下目 Sauropoda
無階級:ティタノサウルス形類 Titanosauriformes
科:エウヘロプス科 Euhelopodidae
属:タンバティタニス属 Tambatitanis
模式種
タンバティタニス・アミキティアエ Tambatitanis amicitiae Saegusa & Ikeda, 2014
産出時代
中生代 白亜紀前期 アルビアン期(約1億1000万年前)
産出地
兵庫県、丹波市、山南町、篠山層群、大山下層

発見と命名

2006年に兵庫県の篠山層群にて、露頭から突き出した肋骨が発見された。その後の調査で関節した尾や腰、いくつかの胴椎や肋骨、部分的な頭骨が発見され、「丹波竜」の愛称でよばれることとなった。その後、2014年になって新属新種の基盤的ティタノサウルス形類として命名された。
属名は産地(丹波)とティタノサウルス形類であることにちなむ。また、種小名のアミキティアエは、発見者2人の友情を記念したものである。

詳しい経緯は丹波竜を参照されたい。

分類と形態

全長は12~15mほどとされ、竜脚類の中では中型の部類に入る。既知の日本産の恐竜の中ではかなり大きいと言える。
竜脚類の中でもかなり進化したティタノサウルス形類に位置付けられ、中国産のエウへロプスなどと近縁と考えられている。尾の血道弓が非常に発達しており、特徴的な「深い」尾を形成する。また、尾椎の棘突起が前方に向かって湾曲するなど、8つの固有派生形質がみられる。エウヘロプスとは対照的に、頭部はディプロドクスのような長い吻部を持つ形態であったことが示唆されている。
ティタノサウルス形類の基盤的なメンバーとされた一方で、脳函(脳の収まる骨)の特徴はより進化したティタノサウルス類に近いとされ、ティタノサウルス形類の系統を考えるうえで重要な発見である。

生態

タンバティタニスは乾季と雨季のはっきりした、比較的乾燥した環境で暮らしていたと考えられている。原始的なティラノサウルス類や角竜テリジノサウルス類や鳥脚類鎧竜トロオドン類など多種多様な恐竜と共存していた。また、原始的な哺乳類の化石も同じ地層から発見されている。

関連タグ

ブロントサウルス ティタノサウルス 丹波竜 エウヘロプス

関連記事

親記事

エウヘロプス ゆーへろぷす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5371

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました