ピクシブ百科事典

目次[非表示]

壱師の花とは、彼岸花の別名の一つである。

概要

登場作品

道の辺の 壱師の花の 灼然く 人皆知りぬ 我が恋妻は
(みちのへの いちしのはなの いちしろく ひとみなしりぬ あがこいつまは)

出典は『万葉集』巻第十一 2480 『柿本人麻呂歌集』

歌意

道に咲く壱師の花のように、はっきりと、愛しい妻のことを皆に知られてしまった。
嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・。

補足

この和歌に詠まれた「壱師の花」については諸説あるが、最も有力なのが「彼岸花」である。
ただし、約4,500首の和歌が収録されている『万葉集』の中で、壱師の花が登場するのは、この一首のみである。

ちなみに、WOWOWドラマ「ふたがしら」(原作:オノ・ナツメ)には、主人公らが彼岸花を「壱師の花」と呼び、それを自分たちの盗賊名に決めるエピソードがある。

別名・表記ゆれ

詳しくは、彼岸花のページを参照

関連タグ

植物  彼岸花 万葉集

関連記事

親記事

彼岸花 ひがんばな

兄弟記事

コメント