ピクシブ百科事典

ビューティー・ローデス

びゅーてぃーろーです

ビューティー・ローデスとは、「キン肉マン」に登場する超人である
目次[非表示]

概要

CV:佐藤正治

キン肉マンアメリカ遠征編」に登場した超人。
アメリカ出身の28歳、身長190㎝で体重140㎏。超人強度は55万パワー。
アメリカ超人界に君臨する三団体の一つ・超人評議会のチャンピオンで、圧倒的な強さでマジソン・スクエア・ガーデンに君臨していた。

モデルは、実在のプロレスラーダスティー・ローデス。「ダスティー」を「ダーティー」と勘違いした当時の担当者が「ダーティー」の反語「ビューティー」と名づけたと作者の一人嶋田氏が語っている。

表向きは対立していた超人同盟と裏で手を結び、両団体の共倒れを画策したシャネルマンの正体を暴こうとしたが、土壇場で裏切った超人同盟のチャンピオンスカル・ボーズ上唇から額まで顔の皮を引きはがされてしまった。以来、金属製のマスクを着用するようになる。

その後、ジャンヌ・スティムボードジ・エンペラーズを結成し、アメリカ超人界統一を目的とする全米タッグ選手権に出場した。

因縁浅からぬスカル・ボーズ率いる宇宙一凶悪コンビとの対戦ではスティムボードとの息の合った連係で試合を優位に進めたが、デビルマジシャンにガソリンを頭から浴びせられて戦況は一変。
スカル・ボーズの火炎攻撃で火だるまになり、戦意喪失したところを二人がかりで袋叩きにされた。

その後、ラジオでは容体が悪くなるばかりと報道されたが、ザ・マシンガンズと宇宙一凶悪コンビの試合に駆け付け、スティムボードと共にキン骨マンからテリーマンの義足を奪還した。

アニメ版では実在のレスラー名を使うのはまずいと判断されたのか、ビューティー・ローデスと名前を変更され、シングルマッチでキン肉マンと対戦した。
ちなみにロボ超人であり、試合中にキン肉マンを窒息させようとしたキン骨マンの放ったガム弾を誤って口につけられ引きはがした際に口周りの皮膚がはがれ金属の地肌を露呈した。

キン肉マンレディー

ビューティフル・ローデス名義で登場。名前通り元々はダイナマイトバディの金髪美女だったが、ダイエットの失敗によりブクブクに太ってしまった。そのことを指摘されるとキレる。
タッグトーナメントではジャンヌと共にリングに上がった途端にテリーマンガールに二人纏めてフッ飛ばされた。

関連項目

キン肉マン 正義超人 動けるデブ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビューティー・ローデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1790

コメント