ピクシブ百科事典

ひかり

ひかり

キャラクター名あるいは列車名。


列車愛称の「ひかり」

第二次世界大戦前に朝鮮総督府鉄道・南満州鉄道が運行した急行列車に命名されたのが最初である。
戦後、九州島内を走る気動車準急急行に用いられた後、1964年10月1日東海道新幹線開業に際して愛称公募で文句なしの第1位となり、速達列車(超特急)の愛称として抜擢された。
1992年に「のぞみ」が運行開始してからは比較的停車駅が多いか、もしくは「のぞみ」と同じ停車駅であるが最高速度220km/h止まりのため時間がかかる準速達列車の愛称とされた。全列車が東海道新幹線内270km/h化した2003年10月以降は後者は消滅し、前者のみを指す愛称となっている。また、「のぞみ」の増加に伴い運転本数も年々減少している。
2014年時点では山陽新幹線全区間、つまり東京~博多間を直通する「ひかり」は臨時便を除き消滅している。

JR西日本の山陽新幹線を走行している「ひかり」には、民営化以降、100系で通常2両の2階建て車両を4両に増やした「グランドひかり」、0系座席配列を横4列としビュッフェの拡張や映画室をとりつけた「ウエストひかり」、同じく0系で子供用サロンを装備した「ファミリーひかり」といった専用車両による愛称付き「ひかり」の充当が目立ち、
2000年以降これらの車両の退役に代わって、「ウエストひかり」の座席コンセプトを受け継いだ700系7000番台「ひかりレールスター」が登場、東海道区間と異なり「のぞみ」と同等程度の本数を誇っていた。
しかし、2011年からの九州新幹線との乗り入れ運転開始に伴い、直通種別「さくら」に譲る形で大きく数を減らしている。2014年には通年運行の「ひかりレールスター」は1往復を残すのみとなり、他は一部の東海道直通の「ひかり」(昼間は新大阪〜岡山を各駅に停車するのみ)があるのみとなっている。

東京駅岡山駅間のひかりの停車パターン ◯=停車 レ=通過 △=一部列車が停車 ✕=設定なし

パターン1パターン2パターン3
東京駅
品川駅
新横浜駅
小田原駅
熱海駅
三島駅
静岡駅
浜松駅
豊橋駅
名古屋駅
岐阜羽島駅
米原駅
京都駅
新大阪駅
新神戸駅
西明石駅
姫路駅
相生駅
岡山駅

山陽区間のみ運行の停車パターン ◯=停車 レ=通過 ✕=設定なし

下り列車
パターン1パターン2(東海車両)
新大阪駅
新神戸駅
西明石駅
姫路駅
相生駅
岡山駅
福山駅
新尾道駅
三原駅
東広島駅
広島駅
新岩国駅
徳山駅
新山口駅
新下関駅
小倉駅
博多駅
上り列車
パターン1パターン2パターン3(東海車両)
博多駅
小倉駅
新下関駅
新山口駅
徳山駅
新岩国駅
広島駅
東広島駅
三原駅
新尾道駅
福山駅
新倉敷駅
岡山駅
相生駅
姫路駅
西明石駅
新神戸駅
新大阪駅

新大阪レールスターひかり
夢の超特急



関連タグ

新幹線 東海道新幹線 山陽新幹線
のぞみ こだま みずほ さくら ひかりレールスター
0系 100系 300系 700系 N700系

pixivに投稿された作品 pixivで「ひかり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 632815

コメント