ピクシブ百科事典

美川憲一

みかわけんいち

日本の歌手。現在では演歌・ムード歌謡の大御所として知られている。

概要

1946年(昭和21年)5月15日生まれ。長野県諏訪市出身。
オフィス・ミカワ所属。
本名は百瀬 由一(ももせ よしかず)。
芸名の由来は当時のプロダクションの担当が岐阜県出身であることから、木曽三川(木曽川・揖斐川
・長良川)にちなみ、「川のように息が長く、美しい歌手であるように」という願いを込めて名付けられた。

高校を中退後、東宝芸能学校に入学。1964年に大映ニューフェイス(第17期)に合格する。
1965年に『だけどだけどだけど』で、いわゆる「青春歌謡」歌手としてデビュー。
1966年に路線を大きく変え、ムード歌謡である『柳ヶ瀬ブルース』を発表、自身最大のヒットとなる。その後も『さそり座の女』など数々のヒット曲を歌唱した。

しかし、1977年に大麻取締法違反で逮捕される。復帰するも、1984年に再び大麻取締法違反で逮捕され、一時はテレビなどの出演を控え地方営業などで地道に活動していた。
この時の経験から、著名人の薬物事件に関して、自らの過ちの経験を元に、薬物乱用・依存への警鐘を促すコメントを発表することが多い。

1980年代終盤にものまねタレントのコロッケによるものまねで再び注目されるようになり、その後は「オネエキャラ」や毒舌キャラとして、タレント活動を積極的に行うようになる。
1991年から19年連続で紅白歌合戦に出場し、小林幸子との豪華衣装対決が当時の見物となっていた。

2000年代以降はタレント活動だけではなく、再び歌手としても精力的に活動している。また、コロッケとのジョイントコンサートも数多く開催し、他のタレントが行う自身のものまねも寛容に受け止めている。

エピソード

  • コロッケのものまねについては、復帰の足がかりとなったこともあり非常に感謝していると何度も語っている。2015年には、二人で『徹子の部屋』に出演し、ものまねについては美川からの依頼であること、プライベートでも交流があることなどを明かしている。
  • 小林幸子とはデビュー前に共に古賀政男の元で指導を受けていたときからの縁で、現在もライバルとして、プライベートでは親友として50年以上の付き合いになる。過去には二人の結婚の噂が流れたことがあった。(誤報であった)
  • 同じレコード会社の先輩である水前寺清子や、後輩のうつみ宮土理神田うのらと親交が深い。
  • 髪型が長年ほとんど変わっていない。基本はまことちゃんのような毛量の多いヘルメットヘアであるが、デビューしてしばらくは横分け、少しずつナチュラルなセットになっている。髪の量が多く、色も黒黒としているためかかつら疑惑があり、ビートたけしなどがたびたびネタにしている。
  • 2013年の『爆笑!大日本アカン警察』において、ヒャダインと共演した際、過去にヒャダインがブログで美川をおちょくるような記事を執筆していたことが明かされるが、軽く受け流している。

関連記事

親記事

歌手 かしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「美川憲一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8772

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました