ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「一応言っておくけど 今 目の前にいる人は 君の闘う相手じゃないからね」

「敵を見誤るなよ」


概要

ライブハウス「新宿FOLT」を活動拠点とするインディーズバンドSICK HACKのリーダーで、ベースボーカルを務めるカリスマバンドマン。物語の開始時点で年齢は25歳。

スピンオフ作品『廣井きくりの深酒日記』では主役を務める。


プロフィール

誕生日9月28日
星座天秤座
年齢25歳 → 27歳
身長158cm
体重43kg
CV千本木彩花

人物像

肩に流した三つ編みに大きなリボンを結んだガーリーなヘアスタイルと、常に酔いの回ったぐるぐる目の飄々(ひょうひょう)とした女性。キャミワンピースの上にスカジャンを羽織り、素足に下駄履きとパンチのある出で立ち。マニキュア・ペディキュアは黒で統一され、右手の甲には曼荼羅のようなタトゥーを入れている(※1)。

「敵は血に潜んでる」


大学時代から交流のある伊地知星歌を「先輩」と呼び慕っている。

伊地知姉妹の家にはシャワーを借りに行くことも多いらしく、絡むたびに星歌はもちろん妹の伊地知虹夏からも辛辣な言葉をかけられている。


岩下志麻とは大学時代からの付き合いで、きくりが志麻をバンドに誘ったことが「SICK HACK結成」のきっかけである。


無類の酒好きで瓶・パック問わず何本ものをあおっているため常に陽気に酔っ払っており、当然に酒臭い。素面でいると襲ってくる将来の不安を酒で忘れることを「幸せスパイラル」と呼んでいる(※2)。


そんな酒浸りの生活を送っている影響もあって、普段は以下のように清々しいほどのダメ人間。言うまでもなく人望は底をついており、バンドメンバーからは困ったときも無視されることが多い。


  • お酒とベースは私の命よりも大事」と言いながら、酒だけ抱えて愛用のベースを居酒屋に置き忘れる(どこの飲み屋に置き忘れたかを思い出せなかったことすらある)。
  • 泥酔してライブハウスの機材などをブッ壊してはチケット代や物販での稼ぎを弁償に費やす。
  • 風呂無しのボロアパート(名前は芳文荘)暮らしで他人の家にシャワーを借りに行く。
  • 知り合ったばかりの高校生から電車賃を借り、しばらく返さない。
  • 酔っ払った挙げ句に路上で寝込み、警察に保護される(日常茶飯事らしく、作中では警察官から「お前これで何度目だよ」と呆れられる場面も)。
  • 高校の敷地内にカップ酒を持ち込み悪酔いする(見かねた星歌にシメられた)。
  • 「廣井きくりの深酒日記」ではバンドメンバーの金で競艇にハマってしまう

元々は根暗な陰キャだったらしく、自分を変えるためにバンドを始めたとのこと。

現在でも素面だと別人のように暗くおとなしくなり、周囲から本当に同一人物か疑われるほど。

特徴的なぐるぐる目も素面だと普通になっている。

シラフきくり


あまりにもレアな状態のため、作者からも「SSR呼ばわりされている。


スピンオフでは、「元々は星歌の所属していたバンドに憧れて大学の軽音部に入部したが、入部した時にはすでに星歌のバンドは解散していた」という経緯が掘り下げられ、「何なんすか、人を音楽の道に引っ張っといて」と星歌本人に向かって愚痴っている。


※1:タトゥーの描き込みはあったりなかったりで、タトゥーシール説もある。アニメ版では全面的に省略されているものの、OPアニメに同じモチーフが登場している。

※2:ひとりいわく「悲しい幸せ」「それ絶対身体に悪い」。アニメでは「○○依存の悪循環」のパロディで表現され、見た目のヤバさに拍車がかかっている。


バンドマンとして

愛機はYAMAHA TRB1004J。「スーパーウルトラ酒呑童子EX」と命名しており、三味線のバチのようなピックを操る独特の演奏スタイルで魅せる。

初対面かつオリジナル曲を演奏する後藤ひとりの演奏に完璧に合わせられるなど、ベーシストとしての確かな実力を持つ。溢れ出るカリスマ性でファンを魅了しているものの、緊張を紛らわせようと始めた本番前の飲酒が常態化した結果の泥酔ライブを基本としており、しばしば過激なパフォーマンスに走るため、FOLTの吉田店長にはしょっちゅう何かしらの設備を弁償している。

星歌からは「洗練されたファンしかいない」「あんなのが売れたら世も末」と評されており、結束バンドのベーシスト・山田リョウも洗練されたファンの一人。リョウの証言ではステージから顔面を踏まれたらしい。もっとも、星歌からは「何が憧れてだよ……私らよりすげーバンドになりやがって」と内心認められてもいる。


結束バンドとの関係

とある日のライブを終え、打ち上げ後の曖昧な記憶の中でなぜか金沢八景へと辿り着いた彼女は(この辺りは『深酒日記』にて、横浜でのライブ後に花火大会の噂を聞いてノリでやって来た経緯が補完されている)、チケットノルマを抱えて途方に暮れていたギター少女・ひとりに介抱される。自己紹介もそこそこに忘れてきたベースを回収しにひとりを連れ回しつつ、駆け出しバンドマンの苦労に共感したきくりは、恩返しも兼ねて客寄せに路上ライブを提案。

戸惑うひとりに「客は敵じゃない」と仄(ほの)めかしながら、硬さの残るひとりのギターをリードし、予期せぬ観客の声援をきっかけに演奏へと没頭し始めた彼女の実力の片鱗を目にすると、「この子は絶対上がってくる」と確信する。

その後、ノルマの最後の1枚を買い取って颯爽と去る………かと思いきや、電車賃が足りずひとりから借金をして好印象を台無しにしていった。この時に「今度ライブ行った時返します」とは言ったものの結局返しておらず、後日星歌にバレて強制的に返済させられた。


ひとりにとってはある種の恩人であり、ある意味では主人公を陰から支える役割のキャラクターでもある。


以降は結束バンドの初ライブに台風の中を駆けつけたり、文化祭でのライブ出演に怯えるひとりをメンバーもろともFOLTでのライブに招待したりと、目を掛けるように。一方でFOLTの後輩バンド・SIDEROS大槻ヨヨコとの三角関係じみた人間模様も描かれ、折に触れて読者をそわそわさせている。バンドを見る目は確からしく、結束バンドに反発するヨヨコに対して「私の目が節穴だって言いたいの?」と圧をかける場面もある。


ちなみに、初登場回では初対面のひとりのことを一貫して「ひとりちゃん」と呼んでいたが、次の登場回でひとりとSTARRYで再会した時は「ぼっちちゃん」呼びになっている(原作・アニメとも)。この時までひとりと星歌はきくりが共通の知り合いであることを知らなかった(星歌は「お前ぼっちちゃん目当てで来たの?」と尋ねている)ため、きくりがどのような経緯でひとりのあだ名を知ったのかは不明。


その他

元ネタは実在のバンドグループ「八十八ヶ所巡礼」のベースボーカル、マーガレット廣井。

SICK HACKの他のメンバーも八十八ヶ所巡礼のメンバーにちなんだネーミングとなっている。

きくりの酒乱キャラは彼の実話が元ネタであり、ライブ中一升瓶をラッパ飲みし「酒が残ってる状態でやるのがちょうどいいんですよ。」と発言している。


初めて苗字が明らかになった13話の雑誌掲載時に限り「廣瀬」となっていた。


関連イラスト

ジャンパー&ワンピース姿

きくりちゃん廣井きくり

きくりお姉さん廣井さん


ワンピース姿

センシティブな作品廣井きくり

ぼっちざろっく禁酒CMきくりお姉さん


関連タグ

ぼっち・ざ・ろっく! ぼっち・ざ・ろっく!(アニメ)

SICK HACK岩下志麻 清水イライザ

やさぐれ三銃士伊地知星歌 PAさん

廣ぼ きく星

酒好き 残念な美人 八重歯ギザ歯 鬼ころし


外部リンク

関連記事

親記事

SICKHACK しくはっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51876915

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました