ピクシブ百科事典

目次[非表示]

日本酒の銘柄

由来は「を殺すほど辛い酒」という意味から付けられ、最初に付けた酒蔵が商標登録を行わなかったため、様々な蔵が同じ名前の商品を発売し始めた。

現在も愛知県清洲桜醸造(鬼ころし・清洲城信長 鬼ころし)、岐阜県老田酒造店(元祖鬼ころし)、新潟県北雪酒造(佐渡の鬼ころし)、栃木県北関酒造(日光戦場ヶ原鬼ころし)等で製造されている。

当然、中身も酒蔵によって千差万別であり、スーパーコンビニで100円前後で買える低品質な安物もあれば、腕利きの杜氏が選りすぐりの原材料を使って仕込んだ最高級の逸品まで、様々な「鬼ころし」が日本各地に存在している。

将棋の戦法

将棋における桂馬を用いた奇襲戦法で、大正時代末期に出版された将棋の戦法を解説した書物の売り文句として「この戦法を使えば鬼も逃げ出す(鬼も倒せる)」と謳ったことからこの名が付いたとされている。
戦法そのものの詳細はこちらを参照。

関連タグ

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鬼ころし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380480

コメント