ピクシブ百科事典

ディファレンス・エンジン

でぃふぁれんすえんじん

『ディファレンス・エンジン』(The Difference Engine)とは、作家ウィリアム・ギブスンとブルース・スターリングの共著による歴史改変SF小説である。
目次[非表示]

表題になっているアナログ計算機の一種「階差機関」についてはこちらを参照。

概要

ディファレンス・エンジン(The Difference Engine)とは、作家ウィリアム・ギブスンブルース・スターリングの共著による歴史改変SF小説である。
チャールズ・バベッジの階差機関が完成し、蒸気機関が史実以上に発展した世界における1855年の英国を舞台として、革命家の娘シビル・ジェラード古生物学者エドワード・マロリーの冒険が交互に描かれる。
スチームパンクの古典として知られる一方、両著者が得意としたサイバーパンクの性格も併せ持つ点が特徴的である。

作中世界

英国:階差機関とその発展形である解析機関の完成で、史実以上の繁栄に突入する。バベッジやチャールズ・ダーウィンなど著名な碩学が能力によって列せられる「新貴族」として政界を支配しており、史実では詩人だったバイロンが首相となっている。
フランスナポレオン3世メキシコを獲得している。英国とは蜜月関係にあり、「オルディナトゥール」と呼ばれる独自の解析機関を保有する。
アメリカ南北戦争によってアメリカ合衆国アメリカ連合国テキサスカリフォルニアに分裂しており、さらにニューヨークではマルクス率いる共産主義者がコミューンを作り上げ、マンハッタン島を占拠している。
日本:アメリカではなく英国によって開国させられた。福沢諭吉森有礼が英国に秘密留学している。

関連イラスト



関連タグ

SF 歴史改変 スチームパンク
チャールズ・バベッジ エイダ・ラブレス
桜井光ライアーソフトで制作した所謂「スチームパンクシリーズ」など、作風に本作からの強い影響が見られる。

関連記事

親記事

ウィリアム・ギブスン うぃりあむぎぶすん

兄弟記事

コメント