ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

藤原忠通の四男近衛基実が始祖、近衛殿に住んだのが由来、摂関家の分家には鷹司家がある。安土桃山時代の当主近衛前久は羽柴秀吉を猶子にした。前久の子信伊には子供がいなかったことで前久の孫で後陽成天皇の第四皇子近衛信尋を養子に迎え近衛家を継がせた。信尋の孫基煕は歌人として有名基煕の子家熙は文人・茶人として有名、幕末の当主である忠煕忠房親子は公武合体や八月十八日の政変など加わった。明治維新後は公爵に叙爵し篤麿は貴族院議長に就任した。篤麿の子文麿は父と同じく貴族院議長・内閣総理大臣に就任した。

現当主・近衛忠煇は日本赤十字社名誉社長であり、元国際赤十字赤新月社連盟会長(アジア地域出身初の赤十字社会長)。
忠煇は肥後細川家(熊本藩主・細川侯爵家)出身で17代目当主・細川護貞の次男。母親が文麿の娘・温子であり、文麿の長男文隆が戦後捕虜生活を経て客死したため、当主を継承した。なお、肥後細川家18代目当主で元内閣総理大臣(第79代)・元熊本県知事(第45・46代)の細川護熙は忠輝の実兄。
また忠煇の妻は皇族の三笠宮崇仁親王の長女。その長男・次期当主の忠大はNHK職員などを経て現在は映像作家などをつとめている。

歴代当主

氏名生年、誕生日続柄
1近衛基実康治2年(1143年)藤原忠通の四男
2近衛基通永暦元年(1160年)基実の長男
3近衛家実治承3年1月29日(1179年3月9日基通の長男
4近衛兼経承元4年5月4日(1210年5月28日家実の三男
5近衛基平寛元4年(1246年)兼経の永男
6近衛家基弘長元年(1261年)基平の長男
7近衛家平弘安5年(1282年)家基の長男
8近衛経忠乾元元年(1302年)家平の男子
9近衛経平弘安10年(1287年)家基の次男
10近衛道嗣元弘3年(1333年)経平の男子基嗣の男子
11近衛兼嗣延文5年/正平15年7月27日(1360年9月8日道嗣の男子
12近衛忠嗣永徳3年(1383年)兼嗣の男子
13近衛房嗣応永9年(1402年)忠嗣の男子
14近衛政家文安3年8月1日(1446年8月23日房嗣の次男
15近衛尚通文明4年10月12日(1472年11月12日政家の男子
16近衛稙家文亀2年(1502年)尚通の男子
17近衛前久天文5年(1536年)稙家の男子
18近衛信尹永禄8年11月1日(1565年11月23日前久の男子
19近衛信尋慶長4年5月2日(1599年6月24日後陽成天皇の第四皇子
20近衛尚嗣元和8年3月10日(1622年4月20日信尋の男子
21近衛基熙慶安元年3月6日(1648年4月28日尚嗣の男子
22近衛家熙寛文7年6月4日(1667年7月24日基熙の男子
23近衛家久貞享4年5月8日(1687年6月17日家熙の男子
24近衛内前享保13年6月22日(1728年7月28日家久の男子
25近衛経熙宝暦11年2月22日(1761年3月28日内前の男子
26近衛基前天明3年8月11日(1783年9月7日経熙の男子
27近衛忠煕文化5年7月14日(1808年9月4日基前の男子
28近衛篤麿文久3年6月26日(1863年8月10日忠煕の四男忠房の長男
29近衛文麿明治24年(1891年)10月12日篤麿の長男
30近衛文隆1915年(大正4年)4月3日文麿の長男
31近衛忠煇昭和14年(1939年)5月8日細川護貞の次男
次当主近衛忠大昭和40年(1970年)7月18日忠煇の長男


外部リンク

近衛家 - Wikipedia

関連項目

朝廷 公家 摂関家 五摂家 摂政 関白 皇別摂家

関連記事

親記事

摂関家 せっかんけ

子記事

兄弟記事

コメント