ピクシブ百科事典

近衛家熙

このえいえひろ

近衛家熙とは江戸時代前期から中期の公家
目次[非表示]

生年

寛文7年6月4日(1667年7月24日

没年

元文元年10月3日(1736年11月5日

経歴

寛文7年(1667年)6月4日に京都で生まれた。幼名は増君。延宝元年(1673年)11月に元服し、従五位上に叙せられた。同時に昇殿を許される。延宝4年(1676年)1月に従三位に叙せられる。貞享3年(1686年)3月、20歳で内大臣となる。元禄6年(1693年)8月に右大臣、宝永元年(1704年)1月に左大臣。宝永4年(1707年)11月関白に就任する。宝永6年(1709年)に中御門天皇摂政となり、更に翌年の宝永7年(1710年)に太政大臣に任ぜられる。正徳元年(1711年)7月太政大臣辞任。正徳2年(1712年)8月摂政辞任。享保10年(1725年)准三后の宣下。同年12月24日に落飾し、予楽院と号する。

書道は、はじめ加茂流を学び、更に近衛家や他に伝わる空海小野道風らの書に学び独自の境地を切り開いた。絵画は水墨画を好んで描き佳作と評される。茶道は慈胤法親王を師とした。有職故実にも堪能で、礼典儀礼を研究し、『唐六典』の校勘を長年継続して、致仕後の享保9年(1724年)に20年の歳月をかけて完成させ、家熙の没後に刊行された。また、公家茶道に通じた茶人であり、『槐記』に見られるように、自ら茶事をおこない、侘び茶人との交流でも知られる。

なお、家熈の人となりや博学多才ぶり、高い見識のほどについては、侍医(専門は現代で言う小児科)で、茶人であった山科道安(やましなどうあん)がその言行を日録風に記した『槐記』11巻により、如実に知ることができる。

『槐記』によれば、家熈は自然科学にも精通し、享保16年(1731年)、雷鳴稲妻とは同時に発生するものとし、距離に比例して雷鳴が後れることを書き記している。

元文元年(1736年)10月3日薨去。享年70。京都市北区の京都大徳寺に葬られる。

系譜

父:近衛基熙
母:常子内親王後水尾天皇皇女)
妻:憲子内親王霊元天皇皇女)
長男:近衛家久
長女:徳君 - 徳大寺公全
妻:町尻量子(おつま)(町尻兼量の娘)
次男:鷹司房熙 - 鷹司兼熙養子
女子:近衛尚子(新中和門院) - 中御門天皇女御
女子:安己君 - 徳川継友
生母不明
男子:鷹司尚輔 - 兄鷹司房熙養子
男子:宝演 - 三宝院門跡
男子:寛深(信性) - 大覚寺門跡
女子:政姫 - 徳川家宣養女
女子:近衛房子 - 本願寺光乗室

関連項目

公家 近衛家 摂政 関白 太政大臣

コメント