ピクシブ百科事典

中御門天皇

なかみかどてんのう

中御門天皇とは江戸時代中期に即位した第114代天皇である

生没年 元禄14(1702)年~元文2(1737)年
在位  宝永6(1709)年~享保20(1735)年  
幼名は長宮(ますのみや)、諱は慶仁(やすひと)。

概要

第113代天皇・東山天皇の第5皇子。母は櫛笥賀子
宝永6年、父の譲位を受けて即位。6歳だったため実権は父・東山上皇(宝永6年崩御)、次いで祖父・霊元上皇が握っていた。
享保14年、江戸幕府8代将軍・徳川吉宗が購入したの拝謁を受ける。その際に無位無官の象が謁見できないため、「江南従四位白象」の称号を贈り「日本で初めて象を見た天皇」となった。
享保20年、第1皇子・昭仁親王に譲位し上皇となる。
元文2年、崩御。

関連項目

天皇 皇室 朝廷

関連記事

親記事

歴代の天皇 れきだいのてんのう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中御門天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント