ピクシブ百科事典

鷹司兼平

たかつかさかねひら

鷹司兼平とは鎌倉時代の公卿、鷹司家の家祖。
目次[非表示]

概要

近衛家実の男子、官位は従一位、関白、太政大臣

プロフィール

時代鎌倉時代
生誕安貞2年(1228年)
死没 永仁2年8月8日(1294年8月30日
官位従一位、摂政関白太政大臣
主君四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
氏族鷹司家
父母父:近衛家実、母:藤原忠行の娘
兄弟家通兼経鷹司兼平、ほか
一条実有の娘
基忠兼忠


経歴

安貞2年(1228年)に誕生、嘉禎3年(1237年)に元服、嘉禎4年(1238年)に従三位、権中納言権大納言、右近衛大将に就任。仁治2年(1241年)に内大臣、寛元2年(1244年)に右大臣に就任した。寛元4年(1247年)に左大臣。建長4年(1252年)に摂政に就任し同年に藤氏長者と太政大臣となった。建長6年(1255年)に摂政を辞任した後は関白に就任。弘長元年(1261年)に辞任したが建治元年(1275年)に摂政に再任、弘安元年(1278年)に関白に再任し弘安10年(1287年)まで就任する。正応3年(1290年)に出家し永仁2年(1294年)に死去。

外部リンク

鷹司兼平 - Wikipedia

関連タグ

朝廷 公卿 近衛家 鷹司家

関連記事

親記事

鷹司家 たかつかさけ

兄弟記事

コメント