ピクシブ百科事典

鷹司輔平

たかつかさすけひら

江戸時代中期の公卿、藤氏長者。摂関家のひとつ鷹司家の養子になり、後を継いだ。以降鷹司家は皇別摂家となった。
目次[非表示]

重要

父は東山天皇の第六皇子で閑院宮を創始した閑院宮直仁親王
摂関家の一つ鷹司家の養子となって後を継いだ。以降鷹司家は皇別摂家となった。
官位は従一位、関白左大臣
光格天皇は甥に当たる。

鷹司家の養子

元文4年(1739年)、旧暦2月8日(3月17日)閑院宮直仁親王の第四皇子として生まれる。幼名は淳宮
寛保3年(1743年)、鷹司基輝(官位は従二位、内大臣)が17歳の若さで急死して鷹司家は断絶の危機を迎えた。基輝の実父で、元々鷹司家から養子に入って一条家を継いでいた当時の関白一条兼香はこれを憂慮して春日大社に使者を送り跡継ぎの神託を求めた。春日大社での占いの結果、直仁親王の皇子である淳宮が養子に選ばれた。そこで兼香はまず淳宮を(旧暦10月4日)桜町天皇の猶子とし、続いて自分の養子に迎えた(同27日)上で一条家からの養子という形式で鷹司家を相続させた。

経歴

延享2年12月7日(1745年)、元服。寛延6年(1756年)、内大臣。安永8年(1779年)に左大臣。天明7年(1787年)、関白に就任して自分と同様に閑院宮家から皇室に入って即位した甥の光格天皇(兄の閑院宮典仁親王(慶光天皇(きょうこうてんのう))実子、安永8年(1779年)即位)をよく補佐した。寛政9年(1797年)に出家し、理延と号する。文化10年(1813年)、75歳で薨去。

墓所

京都府京都市右京区の二尊院境内、小倉山の中腹に輔平の墓がある。

家族

父:閑院宮直仁親王
母:女房長祥院(さち)中野氏
妻:毛利重就の娘
子女
男子:鷹司政煕
男子:徳大寺実堅
男子:隆範
男子:高演
男子:覚尊
男子:円祥
女子:鷹司達子(昌子とも)(伏見宮邦頼親王妃)
女子:鷹司富子(有栖川宮織仁親王妃)
女子:鷹司誠子(伊達斉村室)
女子:鷹司致子(今出川尚季室)

関連タグ

朝廷 公卿 閑院宮 皇別摂家 摂関家 鷹司家

コメント