ピクシブ百科事典

徳大寺実堅

とくだいじさねかた

徳大寺実堅とは江戸時代後期の公卿
目次[非表示]

父は関白左大臣鷹司輔平、母は家女房の山形氏、養父は徳大寺公迪鷹司政煕は兄、官位は従一位、右近衛大将内大臣

生誕

寛政2年12月6日(1791年1月10日

死没

安政5年11月11日(1858年12月15日

経歴

享和元年(1801年)に侍従となり、以後順調に出世を重ねる。仁孝天皇の信任が厚く、天皇より学問所(後の学習院)設置の意向を受けると、武家伝奏として江戸幕府と交渉した。

嘉永元年(1848年)に内大臣兼右近衛大将に任じられ、翌年辞任すると従一位を授けられた。

国学者としても知られる香川景樹は実堅に仕えていたことがあり、実堅は景樹から親しく和歌を学んだと言われている。

家族

父:鷹司輔平閑院宮直仁親王の第四王子)
母:山形氏
養父:徳大寺公迪
妻:醍醐信子(醍醐輝久の娘)
長男:四辻公績
次男:中院通富
女子:定君(西園寺師季室)
養子:徳大寺公純(実父は鷹司政通徳大寺実則西園寺公望住友友純らの父)

関連項目

朝廷 公家 徳大寺家 鷹司家 内大臣

コメント