ピクシブ百科事典

徳大寺実則

とくだいじさねつね

徳大寺実則とは江戸時代末期から明治時代の公家、華族、政治家
目次[非表示]

重要

父は右大臣徳大寺公純、弟に西園寺公望住友友純がいる。

生年

天保10年12月6日(1840年1月10日

没年

1919年(大正8年)6月4日

官位

公家時代

正二位、権大納言

華族時代

従一位、宮内卿内大臣侍従長公爵

経歴

尊皇攘夷派の公卿として活躍し、1862年(文久2年)国事御用掛、翌年議奏となったが、1863年(文久3年)に起こった八月十八日の政変に関与し謹慎となった。王政復古の後、1868年(慶応4年)1月に明治政府の参与・議定として内国事務総督を兼ね、2月には内国事務局督、1869年(明治2年)内廷職知事、ついで大納言に至った。

1871年宮内省に入り、侍従長・宮内卿と兼任に至った。1891年内大臣兼侍従長となり、明治天皇の側近として天皇が崩御するまで補佐した。明治天皇の政治関与には強く反対し、元田永孚らが侍補制度を定めて天皇親政運動を行った折にはその阻止に動いた。また、自らの政治的関与も強く戒めて侍従長在任中は政界に転じた実弟の西園寺公望とは公の場所以外では会話しなかったと言われている。

1919年、流行性感冒(スペインかぜ)のため死去。

系譜

家系

東山天皇閑院宮直仁親王輔平政煕政通公純徳大寺実則

家族

父:徳大寺公純
弟:西園寺公望住友友純末弘威麿、他
妻:山内嘉年子(山内豊資の娘)
男子:徳大寺公弘
男子:高千穂宣麿
女子:徳大寺順子:公爵鷹司熙通夫人
女子:徳大寺祚子:侯爵佐竹義生夫人
女子:徳大寺蓁子:三井高従(三井室町家)夫人
男子:男爵・徳大寺則麿
女子:徳大寺治子:子爵松平頼孝夫人
男子:徳大寺彬麿(建築家)
女子:徳大寺伊楚子:公爵島津忠重夫人

関連項目

公家 徳大寺家 侯爵 公爵 侍従長 内大臣

コメント