ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

閑院宮直仁親王

かんいんのみやなおひとしんのう

閑院宮直仁親王とは江戸時代中期の皇族、閑院宮家の初代当主。
目次 [非表示]

概要

父は東山天皇、母は櫛笥賀子櫛笥隆賀の娘)、中御門天皇の弟、光格天皇は孫、世襲親王家の閑院宮を創始。


プロフィール

続柄東山天皇の第六皇子
称号准三宮
身位親王
敬称殿下
生誕宝永元年9月9日(1704年10月7日
死没宝暦3年6月3日(1753年7月3日
配偶者(妃)近衛脩子 、(女房)左衛門佐讃岐、(女房)中野さち
子女始宮、梅芳院、蓮香院、俊宮、寿宮、栄宮、格宮、幾宮、五十宮淳宮、八千宮
父親東山天皇
母親櫛笥賀子
役職弾正尹

経歴

宝永元年(1704年)に東山天皇の第六皇子として誕生、幼称は秀宮。宝永7年(1710年)に新井白石の意見によって新たな宮家を創始。享保3年(1718年)に所領1000石と宮号を賜られ閑院宮を創始した。


系譜

・第一王女:始宮(治子女王) ー 西本願寺湛如室

・第二王女:蓮香院

  • 女房:伊藤讃岐 ー 伊藤一中の娘

・第二王子:俊宮(寛義王・公啓入道親王) ー 天台座主、6代輪王寺宮門跡

・第三王子:寿宮(典仁親王

・第三王女:栄宮(尊信女王)

・第四王女:格宮(室子女王) ー 京極宮公仁親王

・第五王女:幾宮(高覚女王・真如高覚)

・第六王女:五十宮(倫子女王) ー 徳川家治

  • 女房:中野さち(長祥院)

・第四王子:淳宮(鷹司輔平

・第八王女:八千宮(博山元敝)

  • 不詳

・第一王子:梅芳院

・第八王女:


関連項目

皇室 皇族 宮家 閑院宮 鷹司輔平


初代閑院宮第2代閑院宮
閑院宮直仁親王閑院宮典仁親王

関連記事

親記事

閑院宮 かんいんのみや

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました