ピクシブ百科事典

閑院宮愛仁親王

かんいんのみやなるひとしんのう

閑院宮愛仁親王とは江戸時代後期の皇族。
目次[非表示]

概要

父は閑院宮孝仁親王、母は鷹司吉子(鷹司政煕の娘)

プロフィール

続柄閑院宮孝仁親王の第二王子
身位親王
敬称殿下
出生1818年2月17日(文化15年1月13日)
死去1842年10月20日(天保13年9月17日)
父親閑院宮孝仁親王
母親鷹司吉子
役職弾正尹


経歴

文政11年(1828年)に親王宣下と元服をする。天保11年(1840年)にはとこの淑子内親王と婚約したが、婚儀の前に薨去。愛仁親王の死後母親の吉子が閑院宮の当主格となる。明治5年(1872年)に伏見宮邦家親王の王子、載仁親王が当主となる。

外部リンク

閑院宮愛仁親王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 江戸時代 閑院宮

関連記事

親記事

閑院宮 かんいんのみや

兄弟記事

コメント