ピクシブ百科事典

鷹司政煕

たかつかさまさひろ

鷹司政煕とは江戸時代中期の公卿
目次[非表示]

重要

父は閑院宮直仁親王の第四王子で、鷹司基輝の養子となって藤原姓鷹司家を継承した鷹司輔平。母は長州藩主毛利重就の娘・文子(惟保局)。兄妹に徳大寺実堅、昌子(伏見宮邦頼親王妃)、富子(有栖川宮織仁親王妃)、興姫(仙台藩主伊達斉村室)。東山天皇は曽祖父
官位は従一位、関白左大臣

生誕

宝暦11年4月10日(1761年5月14日

死没

天保12年2月7日(1841年3月29日

経歴

明和5年(1768年)に昇殿、明和7年(1770年)に権大納言に就任、同年に正三位に昇進、寛政3年(1791年)に左大臣に就任し、寛政7年(1795年)藤氏長者、関白に就任した。寛政12年(1800年)准三宮。文化11年(1814年)関白を辞任、文政6年(1823年)出家(法名楽山)天保12年(1841年)に死去した。

家族

正室は徳島藩主・蜂須賀重喜の娘・儀子。側室に豊岡斐子と井上梅。

子女

男子:鷹司政通
女子:鷹司依子(東本願寺法主達如室) 宝台院
女子:鷹司隆子(加賀藩主前田斉広室) 真龍院
女子:鷹司吉子(閑院宮孝仁親王妃) 微妙覚院
女子:鷹司繋子(仁孝天皇女御・贈皇后) 新皇嘉門院
男子:今出川賀丸
女子:鷹司景子(伏見宮邦家親王妃)
女子:鷹司祺子(仁孝天皇女御・皇太后) 新朔平門院
女子:鷹司定子(尾張藩主徳川斉温室)
女子:鷹司并子(徳島藩主蜂須賀斉昌室)
女子:鷹司任子(第十三代将軍徳川家定室)
女子:鷹司皐子(広幡基豊室)
女子:鷹司道子(津守国福室)
女子:鷹司辰子(醍醐輝弘室)
女子:鷹司祥子(西本願寺宗主広如室) 光耀院
男子:定演(醍醐寺三宝院門主、東寺長者、大僧正) 自足心院
女子:名前不詳(吉井藩主松平信充室)
ほか

関連項目

朝廷 公卿 摂関家 鷹司家

コメント