ピクシブ百科事典

鷹司輔政

たかつかさすけまさ

鷹司輔政とは江戸時代末期(幕末)の公家。
目次[非表示]

概要

父は鷹司輔煕、母は一条崇子(一条忠良の娘)。

プロフィール

時代江戸時代末期(幕末
生誕嘉永2年7月1日(1849年8月18日
死没慶応3年8月14日(1867年9月11日
官位従二位、権大納言
主君孝明天皇
氏族鷹司家
父母父:鷹司輔煕、母:一条崇子(一条忠良の娘)
兄弟鷹司輔政菊亭脩季、治子、明子
蜂須賀倫子


経歴

安政5年(1858年)に従三位、その後権中納言左衛門督に就任して文久3年(1863年)に権大納言。元治元年(1864年)に禁門の変で長州藩側に加わったことで参朝停止を受ける。その後は処分が解かれ政界に戻り慶応2年(1866年)に従二位に昇進したが翌年の慶応3年(1867年)に19歳で死去した。父の輔煕は九条尚忠の子煕通を養子に迎えたことで輔平流鷹司家はここで途絶えた。輔政の弟脩季菊亭家の養子となっている。

家族

系図

東山天皇閑院宮直仁親王鷹司輔平鷹司政煕鷹司政通鷹司輔煕鷹司輔政

系譜

父:鷹司輔煕
母:一条崇子(一条忠良の娘)
妻:蜂須賀倫子(蜂須賀斉裕の養女)

関連タグ

朝廷 公家 鷹司家

関連記事

親記事

鷹司家 たかつかさけ

兄弟記事

コメント