ピクシブ百科事典

一条兼香

いちじょうかねよし

一条兼香とは江戸時代中期の公家。読みはかねよし、またはかねか。
目次[非表示]

概要

父は鷹司房輔一条兼輝の養子、官位は従一位、関白太政大臣

プロフィール

時代江戸時代中期
生誕元禄5年12月16日(1693年1月21日
死没寛延4年8月2日(1751年9月21日
官位従一位、関白太政大臣
主君東山天皇中御門天皇桜町天皇桃園天皇
氏族一条家
父母父:鷹司房輔、母:家女房、養父:一条兼輝、養母:山科言行の娘
正室:浅野綱長の娘、継室:池田軌隆の娘
子女道香基輝兼純、良演、顕子、郁子、重子、富子


経歴

元禄14年(1701年)に正五位下、正徳2年(1702年)に権中納言、宝永5年(1708年)に権大納言に就任した。その後内大臣右大臣に進み享保11年(1726年)に左大臣。元文2年(1737年)に関白。翌年の桜町天皇の大嘗祭と新嘗祭の実行にも加わった。延享3年(1746年)から寛延4年(1751年)まで太政大臣に就任した。同年に死去。

関連タグ

公家 一条家 江戸時代

第16代一条家第17代一条家第18代一条家
一条兼輝一条兼香一条道香

関連記事

親記事

一条家 いちじょうけ

兄弟記事

コメント