ピクシブ百科事典

フランクリン・デラノ・ルーズベルト

ふらんくりんでらのるーずべると

アメリカ合衆国の第32代大統領。
目次[非表示]

概要

生年没年 1882年1月30日~1945年4月12日
大統領任期(第32代) 1933年3月4日~1945年4月12日

生涯

ニューヨーク州のオランダ系実業家大地主の家に生まれた。デラノ家は清朝末期のアヘン貿易で巨富を築き、香港にも豪邸があった。第26代大統領のセオドア・ルーズベルトは従兄に当たり、遠縁にはウィンストン・チャーチルがいる。

弁護士を経て1911年にニューヨーク州から上院議員に選出され、ウィルソン政権では海軍次官となり、ニューヨーク州知事を歴任。1933年、民主党に所属して世界恐慌対策を確約にして当選し、第32代大統領に就任。
大統領となったルーズベルトはニューディール政策を実施。大規模な国土開発や労働基準の改善による雇用作成、個人や企業の金保有を禁止して、金本位制を停止し、大恐慌で不景気となったアメリカ経済を建て直した。また、ラジオ放送を積極的に使って国民との対話を重視した。

中南米に対して「善隣外交」の名の下に友好を深めながら、気に入らない国の政権には海兵隊を送り込んで軍事介入して親米傀儡政権を作っていった。キューバの独裁政権・バチスタはその一例。
1930年代、ヨーロッパではアドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツが、アジアでは大日本帝国が勢力を拡大し、イギリスのチャーチルや中華民国蒋介石は支援参戦を求めたが、当時のアメリカ外交の基本方針は中立・不干渉のモンロー主義とし、ルーズベルトも国民にはアメリカは戦争に関わらないと公約としていた。その一方裏では対中支援工作「援蒋ルート」を計画し、日中戦争が起こると資金援助だけでなく中国軍人としたアメリカ航空兵を戦闘機とともに送り、中国軍のマークをつけて日本軍と戦った。(ただし、このやり方は国際法違反に値する行為でもあった。)
1941年にチャーチルと会談し、ドイツの勢力拡大に対する基本方針「大西洋憲章」を発表。これが国際連合の原点となり、領土不拡大や民族自決などを明記したが、植民地支配を諦めないチャーチルは民族自決の点でルーズベルトとは意見が不一致となった。

対日政策は偏見も籠もったもので、暗礁に乗り上げていた。日本の仏印進駐と日独伊枢軸同盟を機に日米関係は悪化し、ABCD包囲網で日本経済を圧迫。ハル国務長官はハリー・デクスター・ホワイトが起草したハル・ノートを提案し、ルーズベルトはこれを了承して日本側に手交。中国撤兵や枢軸同盟破棄などを盛り込んだ最後通牒といえるもので、ついに日本軍は真珠湾を奇襲攻撃し、日米開戦となった。攻撃と宣戦布告で手違いにより宣戦布告が遅れてしまい、攻撃は卑怯な不意打ちとなり、ルーズベルトはこれを利用し、「リメンバー・パールハーバー」の合言葉を使って国民を煽り、対日独参戦を決定。欧州と大西洋だけだった戦争はアジアと太平洋も合わせた、「第二次世界大戦」となった。

開戦になるとアメリカ国内の日系人を収容所へ送り、米軍をヨーロッパ・アジア・太平洋各地へ出兵させた。さらに原爆開発の「マンハッタン計画」を極秘裏に進めた。
1943年にカイロ会談で台湾満州を中国に返還し、朝鮮を独立化すると取り決めた。1945年にヤルタ会談ではチャーチルを抜きにしてスターリンと会談を行い、ソ連に千島列島を割譲することを条件に対日参戦の密約を取り決めた。
大統領選で4選目勝利という史上初めての最多再選という大統領となったが、1945年4月に別荘で急死した。享年63歳。

人物

切手集めが趣味で、推理小説のファンだった。
1921年にポリオ(一説にはギラン・バレー症候群)を発症し、それ以来後遺症によって下半身が麻痺し、車椅子の生活を余儀なくされた。しかし、病気のことは国民には隠し続け、人前でも車椅子姿をできるだけ見せようとしなかった。

評価

アメリカ歴代大統領の中でも有数の人気を誇る大統領で、経済の建て直しや世界大戦で強力な指導力を発揮したとして評価は高い。
しかし、中国への過大評価とソ連・スターリン・共産主義への警戒心の無さによってその後の世界情勢に多大な悪影響を与え、不参戦の公約を破ってアメリカを戦争に巻き込んだと言う批判も多い。
ニューディール政策はこの政策単独で上手く言ったかは疑問が多く、戦争に伴う戦時好景気がなければ効果は無かったとも言われる。
中国に対しては母方の祖父の影響で中国文化には幼い頃から接し、媚中と言えるほど同情的・友好的感情を持っており、それゆえに日本の満州事変以来の大陸進出には反感を持っていた。だが、現実における中国の情勢や情報については把握しておらず、側近ですら疎かった。にも関わらず、米中は共同で日本を打ち負かせると信じていた。戦後の国際秩序構想として「4人の警察官」を持っており、米英中ソが各々で地域秩序を担って、国際社会世界平和は維持できると考えていた。
戦争遂行に当たっては国務省にほとんど頼らずに、自分個人やわずかな側近との相談でしか勝手な計画で進めたことが多く、その点から反感も多かった。ルーズベルトが死去して副大統領のハリー・S・トルーマンが次期大統領となったが、トルーマンは原爆計画もヤルタ密約も全く知らされておらず、大統領就任後にこの事実を知って驚き、とくにヤルタ密約については深刻な問題と受け止めた。
ルーズベルトは自分のことをスターリンとともに現実主義者でチャーチルは理想主義者でダメだと語っていたが、傍から見ればチャーチルが現実的でルーズベルトこそ現実性のない理想主義者どころか夢想家と言える。
戦後、ハーバート・フーバー元アメリカ大統領はダグラス・マッカーサーと会って、ルーズベルトを「狂人」と呼び、「日本との戦争のすべてが、戦争を仕掛けたいという狂人の欲望だった」と語っている。

対日感情

日本に対しては偏見に満ちた嫌悪感を持っていた。日本人は白人に比べて頭脳が遅れた人種だと主張し、疑似科学的に頭蓋骨にその特徴があると言っていたほど。連合国の中で唯一、ナチスのユダヤ人強制収容と同様の日系人強制収容を実行し、中南米にも圧力をかけて日系人収容所を作らせた。さらに戦後の日本人を他の人種と交配させて、日本人をなくそうという民族浄化計画すら考えていた。また黒人の公民権運動を妨害する差別的姿勢を見せていた。
日米開戦よりも前の早い段階から対日開戦を計画し、そのための挑発や圧力、日本本土攻撃計画を練っていた。また、ルーズベルトは日本の真珠湾攻撃を事前に知りながらわざと見過ごした、あるいは攻撃させるためにわざとハワイに艦隊を集結させていたという陰謀論もある。
実は、ハル・ノートを作成したホワイト氏はソ連と情報をやり取りしていたソ連の工作員であることが判明している。言うなれば、日米開戦にはソ連の意志が介在していたことになる。

後に発覚したこと

真珠湾攻撃の真実

実は真珠湾攻撃は、決して日本の奇襲攻撃ではなく、まして侵略戦争などでは断じてない。
フランクリン・ルーズベルト大統領を始めとした政権中枢の者たちの一部は、日本軍の動きを暗号解読により遂一把握していて、真珠湾攻撃を事前に知っていたのである。

ルーズベルト大統領の長女アンナの女婿であるカーチス・ドール大佐の著書『操られたルーズベルト』によれば、真珠湾攻撃の前夜である1941年12月6日に、ルーズベルト家が全員集まって晩餐をしている途中にルーズベルト大統領は中座し、やがて戻ってきて「戦争は明日はじまるよ」と語っていたという。
更に大統領は、アメリカ国民に「攻撃を加えられた場合を除いて」として、海外での戦争に息子たちを送りはしないと繰り返し述べていたが、同時にイギリスのウィンストン・チャーチル首相に、何とかしてアメリカを戦争に巻き込むと約束していて、「私は、決して宣戦はしない。私は、戦争をつくるのだ」と語っていたという。

更にカーチス大佐は、東京裁判(極東国際軍事裁判)についても

ホワイトハウスで、一九四一年十一月二十五日に開かれた、運命的な会議の記録を読み返してみて、私の以前の岳父、ルーズベルト大統領および、彼の側近たちの戦略は、平和を維持し保障することではなく、事件を組み立て、あるいは引き起こさせて、アメリカを日本との戦争に巻き込むという、陰謀にもっぱら関わっていたと、私は悟った。それを知って私の心は張り裂けんばかりだった。これは『裏口』から、ヨーロッパの戦争に入ることを可能にする戦略だった

と語って批判している。
ルーズベルト大統領は、日本海軍航空隊が真珠湾を空襲することを事前に把握していながら、それを利用してアメリカが日本から卑劣な騙し討ちを受けたかのように演じたのであり、真珠湾攻撃の後に行った演説である『恥辱の日』も、対日宣戦布告を正当化するための芝居に過ぎず、自国民をペテンにかけた欺瞞そのものであったのである。
政権の中枢がハワイの司令官に外国軍の攻撃情報を伝えなかったのは裏切り行為であり、これが原因で2000人以上の米軍兵士が戦死したのである。

イギリスのチャーチル首相は第二次世界大戦にアメリカが同盟国として参戦することを強く望んでいたが、当時のアメリカ世論は第一次世界大戦でヨーロッパ戦線に介入したため、多くの若いアメリカ兵の命が失われた苦い経験から、介入反対の声が強く『保守主義』『アメリカ第一主義』に傾いていた。
ルーズベルト大統領も「アメリカは、欧州での戦争には介入しない」と公約して当選しており、更にドイツのアドルフ・ヒトラーは、アメリカ軍がイギリス軍の支援のために、アイスランドに駐屯してUボートと交戦してもアメリカに宣戦布告を行わなかったため、同盟国への集団的自衛権を行使し参戦する道は閉ざされていた。

そうした中で考えられたのが『日本にアメリカを先制攻撃させる』ことであり、戦争を何がなんでも始めたかったのはアメリカの側であり、最期の最期まで戦争を何とか回避しようと努力していたのが日本の側だったのである。
真珠湾攻撃でアメリカ領土が初めて外国軍から攻撃を受けたショックは大きかったが、アメリカの良識ある歴史家たちは「Japan was a Cornered Rat(日本は、追い詰められた鼠だった)」と認識しているという。

日米戦争は不必要な戦争

日米戦争は本来なら全く無益で不必要な戦争であり、もし日米が戦っていなければ中国の共産化も朝鮮戦争も起こらなかったとされている。
当時のハーバート・フーバー元大統領は、アメリカが第二次大戦に参戦する前にルーズベルト政権がイギリスに武器援助を行ったことに強く反対し、後の大統領であるハリー・トルーマン副大統領に対しても、アメリカが真珠湾攻撃の報復をしようとするあまり、日本を壊滅させることがあってはならないと戒め、共産主義がアジアへと進出するのを食い止めるために、アジアの安定勢力である日本と一日も早く講和すべきだと説き、戦後も日本による朝鮮半島と台湾の領有を認めるとともに、日本の経済回復を援助するべきだと主張していた。

しかし、こうしたフーバー元大統領の主張はジョージ・マーシャル陸軍参謀総長や、ヘンリー・スティムソン陸軍長官を始めとした閣僚たちが、世論に逆らう提言として強く反対し、ルーズベルト大統領が彼を敵視していたこともあり、フーバー元大統領の主張は全く無視されていたのである。
フーバー大統領回顧録』によれば、フーバー元大統領は戦後、ダグラス・マッカーサー元帥と会い、次のように回想している。

私が『日本との戦争のすべてが、戦争を仕掛けたいという狂人の欲望だった』と、述べたところ、マッカーサーも同意した。マッカーサーは、『一九四一年の日本に対する金融制裁が、挑発的だったばかりでなく、その制裁を解除しなければ、たとえ自殺行為であったとしても、日本と戦争せざるをえない状態にまで追い込んだ。経済制裁は殺戮と破壊は行われないものの、戦争行為に当たるものであって、どのような国であっても、誇りを重んじる国であったとすれば、耐えられることではなかった』と、述べた。もし、日本が朝鮮半島を領有し続けたとしたら、朝鮮戦争は起こらなかった。日本軍が中国大陸にかなりの期間にわたって留まったとすれば、中国が共産化することもなかったはずである。

ここで彼が語っている“狂人”とは、ルーズベルト大統領のことである。

関連タグ

アメリカ アメリカ合衆国大統領 第二次世界大戦 大東亜戦争 太平洋戦争 ルーズベルト

pixivに投稿された作品 pixivで「フランクリン・デラノ・ルーズベルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84820

コメント