ピクシブ百科事典

スペイン風邪

すぺいんかぜ

スペイン風邪とは20世紀初頭に流行したインフルエンザである。
目次[非表示]

概要

この風邪が流行した時期、世界は第一次世界大戦中で情報統制が行われていたために情報伝達が行われなかったため、最終的に当時の人口18億~20億人に対し、感染者5億人、死者5千万人~1億人にまで流行してしまった。

日本

もちろん日本も例外ではなく、当時の人口5500万人に対し、死者39万人~48万人とされている。

背景

実は発生源は、アメリカサウスカロライナ州またはデトロイトとされている。
それが中立国であったスペインから発信されたことから、スペイン風邪と呼ばれるようになった。
風評被害も甚だしい話である。

関連タグ

風邪 インフルエンザ

コメント