ピクシブ百科事典

志賀直哉

しがなおや

志賀直哉は、日本を代表する小説家の一人である。

概要

明治から昭和にかけて活躍した、日本を代表する文豪小説家であり、宮城県石巻市に生まれ、2歳の時に父とともに東京に移り住み育った。
彼や彼の手掛けた作品は、その後の多くの作家に強い影響を与えている。
代表作は『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』などがあり、後に作品の一つ小僧の神様にかけて『小説の神様』と称された。

その作品はほとんどが短編であり、唯一の長編『暗夜行路』は、前編が出てから後編が発売されるまで、実に17年もの歳月を要した。

日米開戦(太平洋戦争)には賛成していたが、戦後において日本語を不完全で不便な言語だとして「日本語を廃止してフランス語を公用語にすべし」などと割と真剣に主張していたことがあり、同じ小説家の丸谷才一三島由紀夫から批判され、問題になったことがある。

関連タグ

小説家 文豪 小説
日本 日本人

pixivに投稿された作品 pixivで「志賀直哉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39186

コメント