ピクシブ百科事典

島村抱月

しまむらほうげつ

島村抱月とは、日本の劇作家、文芸評論家、演出家、小説家、詩人。
目次[非表示]

曖昧さ回避

安達としまむらの登場人物→島村抱月(安達としまむら)

概要

1871年生まれ。島根県出身。
貧しい家庭に生まれ、苦難の末に浜田町裁判所書記となり、同裁判所検事・島村文耕から学資の援助を受けて上京。1891年に文耕の養子となる。
早稲田大学卒業後、早稲田文学の記者を経て読売新聞社会部主任となる。その後は母校の文学部教師となり、1902年にイギリスオックスフォード大学ドイツベルリン大学に留学。
帰国後に自然主義文学運動の旗手となり、1906年に坪内逍遥とともに文芸座を設立し、新劇運動を開始するが、女優の松井須磨子との不倫が発覚し、坪内との関係が悪化。文芸座を去る。

その後は松井と共に芸術座を設立し、1914年にトルストイの小説を翻訳した『復活』がヒットし、新劇の大衆化に貢献。翌年にはロシアへ渡り、現地の劇団と合同公演を行い大評判となった。

しかし同時に世界中で流行していたスペイン風邪に感染。同時に急性肺炎を併発してしまい、1918年11月5日、現在の東京都新宿区横寺町の芸術倶楽部の居室で急死した。
その2ヶ月後に須磨子も彼の後を追って自殺したため、芸術座は解散した。

関連項目

劇作家 小説家

関連記事

親記事

劇作家 げきさっか

pixivに投稿された作品 pixivで「島村抱月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 694476

コメント