ピクシブ百科事典

目次[非表示]

辰野金吾は、明治~大正期に活躍した日本の建築家。
維新後の日本における洋式建築の第一人者として知られる。

概要

日本銀行本店や中央停車場(東京駅丸の内駅舎)の設計で有名な、明治期を代表する建築家である。
1854年10月13日〈嘉永7年8月22日〉肥前国(佐賀県)唐津生まれ。
工部省工学寮(後の工部大学校 現在の東京大学工学部)では、ジョサイア・コンドルに師事し建築を修めたが、元々は造船学を学んでいた。
1880年から3年間英国に留学し、その後は工部大学校→帝国大学工学部教授に就任した。
1886年に辰野金吾建築事務所設立。
1898年からは帝国大学工科大学学長に就任している。
1919年(大正8年)3月25日 スペイン風邪で病没。国会議事堂建築案の審査員を務めていた。

主な作品

赤煉瓦によるものは、白い飾り帯が入れられた『辰野様式』と呼ばれるものが有名。
東京駅丸の内駅舎で言えば、一階部分に横方向に入れられた白い飾り帯がそれで、同時期の建築家らに模倣されている。

  • 日本銀行 本店・支店:日本銀行は本店のほか西部(九州)、大阪、京都、名古屋、函館…など9支店を手掛けたが、現存するのは本店のほか大阪、京都、小樽の3店で全て資料館などになっている。参考
  • 南海電鉄 浜寺公園駅:氏が初めて手掛けた鉄道駅である。
  • 鉄道院 奈良ホテル 本館
  • 鉄道院 万世橋駅:初代。現存しない。
  • 鉄道院 中央停車場
  • 大阪市 中央公会堂

洋式建築の印象が強いが、鉄道院 奈良ホテルは寺社の多い奈良の景観に合わせた和洋折衷、武雄温泉の楼門と新館はそれぞれ唐風である。

関連項目

建築 レトロ

関連記事

親記事

建築家 けんちくか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「辰野金吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104

コメント