ピクシブ百科事典

拳児

けんじ

『拳児』は原作:松田隆智、作画:藤原芳秀による日本の漫画作品。
目次[非表示]

概要

週刊少年サンデー』(小学館)に、1988年2・3号から1992年5号まで連載。
中国武術をテーマとしながら、主人公・拳児の成長を軸に中国武術の技術論や思想・哲学などを描いた物語。
原作の松田隆智(まつだりゅうち、1938年~2013年)は愛知県岡崎市出身の中国武術研究家で真言宗東寺派僧侶。(『隆智』は法名で本名は松田 鉦(まつだ まさし)。)

2018年6月1日よりサンデーうぇぶりにて続編の『拳児2』を掲載中。2013年に死去した松田氏は原作から原案の位置づけになり、かわって佐藤敏章がシナリオ協力を担当している。

登場人物

  • 剛拳児(ごう けんじ、手前の人物。)

主人公。

  • 剛侠太郎(ごう きょうたろう、奥側の人物。)
拳児の父方の祖父で、八極拳の師匠。
日中戦争従軍した際、八極門の拳士・孟修齢に弟子入りし、終戦後一門の協力を得て日本に帰国。


関連タグ

中国拳法 武術

外部リンク

サンデーうぇぶり:『拳児』のページ。『拳児2』も読むことが出来る。

関連記事

親記事

藤原芳秀 ふじわらよしひで

pixivに投稿された作品 pixivで「拳児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9365

コメント