ピクシブ百科事典

進撃!巨人中学校

しんげききょじんちゅうがっこう

漫画『進撃の巨人』の公式パロディ漫画。
目次[非表示]

概要

別冊少年マガジンで連載中の本編とは無関係な世界観設定パラレルワールド、いわゆる「学園パロディ」。
エレンミカサが人間と巨人が通う中学校を舞台に物語が進むギャグ漫画。登場人物のキャラ性は原作以上に際立っている。学生服は男子は学ラン、女子はブレザー。巨人は原作と同じ裸だが、体操着ブルマまで着たりする。

これでも原作者の諫山創による公式パロディスピンオフ作品で、画は中川沙樹。しかも諫山氏と中川氏の二人は福岡県の専門学校の先輩後輩の関係にあった。そのためか、作中では福岡の地元商品も出てくる。

念のためにもう一度いうと、公式パロディスピンオフである。

テレビアニメ

2015年秋、まさかのテレビアニメ化が決定した。キャストに関しては本家と同じ
更にオープニング主題歌まで本家と同じLinked Horizonが担当する。題名は「青春は花火のように」。エンディング主題歌はエレン・ジャン・ミカサが歌う「反撃の大地」。
アニメーション製作はプロダクションI.G。なおこのスタジオ、本編を手掛けたWIT STUDIOの「親会社」だったりする。

キャラクターデザインが漫画から大きく変更され、本家アニメのキャラデザをSD化したようなデザイン。また、原作のパロディがより一層差し込まれ、当時まだアニメ化されていなかった原作ネタも構わずぶち込んでくる(特に8話・9話)。

放送局は本編本放送時のTOKYOMXおよび毎日放送BS11に加え、赤坂を通じての毎日放送のお友達約2局。
テレビ放送では本編に加え、進撃のキャスト陣が出演する以下のスペシャルコーナーが放送される。
「進撃!トレジャーハント」
出演:梶裕貴(エレン役)・石川由依(ミカサ役)・井上麻里奈(アルミン役)・橋詰知久(ベルトルト役)
4人のキャストが学園内で様々な試練に挑み、隠されたお宝を探すコーナー。

「サシャがひとりで○○してみた」
出演:小林ゆう(サシャ役)
公式曰く「サシャの冠コーナー」で、小林ゆうが巨人くんと共に一度やってみたかったことをするコーナー。

どちらのコーナーにも、作品の顔たる超大型巨人をモデルにしたキャラクター巨人くんが出演。

登場人物

104期組(1年生)

1年4組

原作における104期生のメンバー。

主人公。アホ毛が一本生えている。空気が読めないバカで、恋愛事にも非常に鈍い。
過去に遭遇した超大型巨人チーズハンバーグの入った弁当を奪われて以来巨人を激しく憎んでおり、「巨人を一匹残らず駆逐する」ことを目標としている。入学式にてそれをカミングアウトしたため、学校中で「チーハン野郎」というあだ名が定着した。
好きな食べ物は勿論チーハン(チーズハンバーグ)。
所属クラブは壁美化部。調査団にも所属している。
ヒロイン。エレンとアルミンの幼馴染。基本エレンが行動基準のヤンデレ少女。巨人を倒す程の実力を持つが、エレンの前ではやや乙女ぶっている。一定時間エレンの近くにいないと体力と知力が元の30%(ミカサの元の体力や知力を考えると人並み程度)にまで落ち込み、愁いに満ちたオーラを放ちコニー以外のクラスメート全員に伝染させる。エレンの存在を気で感じ取っているため、偽者にも惑わされない。エレンに近付くアニに敵対心を抱いており、仲が非常に悪い。
両親が仕事の都合で遠くに住んでいるため現在はエレンの家に居候している。
所属クラブは壁美化部。調査団にも所属している。
主要メンバーのひとり。エレンとミカサの幼馴染で同じ小学校だったが、運動音痴が原因で引きこもりになった(アニメ版の原因は寒がり)。後にミカサの説得で中学校に通い始める。非常に寒がりで、引きこもりの名残で常に頭に布団やジャージを被っている。布団がないとすぐに風邪をひく。原作通り頭はよく、成績はトップ。
所属クラブは壁美化部。調査団にも所属している。
主要メンバーのひとり。女の子にモテたい思春期真っただ中な年相応の男子。彼女が欲しいと常日頃思っているが、その性格の悪さ故に全くできない。エレンに対しては、女の子(ミカサ)と常に一緒にいるのが気に食わないらしく、リア充を見ると苛つく。自己中で先輩に対して反抗的。部活もややサボり傾向にある。マルコと仲がいい。
好きな食べ物はカレーコロッケ。
所属クラブは壁美化部。調査団にも所属している。
ジャンの親友。臆病だがお人好しで自ら進んで人助けをする性格。そのおかげで立候補していないのに生徒会長になった。ミカサ曰く不死鳥。原作の影響で4組の中では出番が少ないが、こちらの方がマルコの人柄が詳しく描かれている。
主要メンバーのひとり。常に何か食っている痩せの大食い。ミカサからは食べ物のことしか考えてない子と言われている。成績は悪いが、食の方面に向けば簡単に満点を取れる。父の失職をうけて自分の食費を稼ぐためコンビニでバイトした時は、唯一レジ打ちや仕事がまともにこなせる常識人であったため、店長からバイトリーダーを任されている。
好きな食べ物は出し巻き卵。購買のパンに憧れているが、中々購入できない。
所属クラブは壁美化部。調査団にも所属している。
主要メンバーのひとり。原作よりも更にバカで、成績は常に赤点。ミカサからもバカと評価されており、底抜けの明るさのためミカサの哀愁オーラが効かない。サシャとは気が合う。家族を見返すためコンビニでバイトリーダーを目指しているがレジ打ちができない。
好きな食べ物は(冷凍じゃない)唐揚げで、中の人と同じ。
所属クラブは壁美化部。調査団にも所属している。
所属クラブは女子テニス部。
  • フランツ
リア充。
  • ハンナ
リア充。所属クラブは美術部。

1年3組

原作における104期生の訳ありメンバー。アニメ版ではエレンたちと同じく1年4組になっている。

3組の中心的存在。がっしりとした体格にちょっとやそっとじゃ動じない性格。ベルトルトとアニは幼馴染。運動神経がよく、エレン同様巨人に反抗したがっている。クリスタ命で、同じくクリスタ命のユミルからはゴリラと呼ばれ警戒されている。アニメ版では色々と「男子中学生らしさ」が強調されている。
好きな食べ物は骨付き肉。苦手な食べ物はもずく。
所属クラブは柔道部。調査団にも所属している。
3組の中心的存在。原作同様に大抵ライナーと行動を共にしている。運動神経はよいが、押しが弱く影が薄い。型抜きが得意。アニに淡い恋心を持っているが、アニがエレンのことが好きな上に、ベルトルト本人がややズレた感性の持ち主のため、なかなか上手くいかない。
好きな食べ物は餃子らしい。ライナーと同じくもずくが苦手。
所属クラブはバレー部。調査団にも所属している。
3組の中心的存在。原作に比べて喜怒哀楽が激しくツンデレ気味で、クールに見えるが熱くなりやすく基本ツッコミ役。
エレンが入学式でのカミングアウトで「チーハン野郎」と呼ばれるようになり、その後のクラスでの自己紹介で自分がチーハンが好きと言えなくなってしまったことから、エレンを一方的に目の敵にしている。後に和解しエレンに好意を抱くが、ミカサという強敵とエレンの鈍感さになかなか報われない。
好きな食べ物はチーハン。二番目はもずく。
生徒会役員。
3組のアイドル。天然ながらも可愛くて優しいため男女問わず好かれている。甘味の食べ歩きで体重がやや危ない。ユミルとは一番の仲良しで、アニとも仲が良い。好きな食べ物はアイスクリームといちご。やはりもずくが苦手。
本名はヒストリアで権力者の隠し子。父親にとっては「ハッスルしてできちゃった子」であるため、世間体が悪くなることを恐れた父親によって改名させられたのち絶縁されている。幼い頃の出来事であったためか、実の親や姉妹のことは一切憶えていない。異母姉に教師のフリーダ・レイスがいる。
所属クラブは吹奏楽部。調査団にも所属している。
クリスタと常に行動を共にしている。クリスタ命で、もはや百合と言ってもいいぐらい。ゴリラが天敵だが、最近はクリスタにぞっこんの新しい担任という敵がいたりする。
クリスタの付き添いで食べ歩きしてしまうので、同じく体重が危ない。原作同様他人を利用しつつ、さりげなくフォローする姐さん。
好きな食べ物はサバみそ。嫌いな食べ物はニシン。そしてもずくも苦手。
所属クラブは吹奏楽部。調査団にも所属している。


進撃中調査団

原作における調査兵団。反巨人を掲げており、校内では非公認部として活動している。

顧問

調査団の顧問。
生徒にも巨人にも分け隔てなく優しい教諭。そのためみんなから好かれている。
その本性は「巨人共は一匹残らず駆逐されるべき」という、どこかで聞いたことのある考え方を持つ腹黒教師。素手で巨人を倒せる程の実力を持ち、見えないところで巨人に「生徒指導」という名の体罰を下しているおっかない人。
表向きは家庭科部の顧問だが、面倒なので休部扱いにしていた。

3年生

安定の人類最強。いつものツンギレハリセンを常備し後輩に攻撃を加える。原作同様潔癖症で、常に校内の清掃に精を出している。成績も優秀で、アルミンの布団を修繕するなど裁縫も得意。学校の寮暮らしで、ハンジはお隣さん。研究の出費が激しいハンジが生活に困窮してると、たまに差し入れはする。
進撃中調査団リーダー。所属クラブは家庭科部でどうしても入部したかったらしく、面倒で休部扱いにしていた顧問のエルヴィンとの闘いの末、存在を口外しないことを条件に唯一の部員になった。
実は覆面バンド「No Name」を組んでおり、そのボーカルをやっている。アニメでも披露されたレパートリーの名は「跪け豚共が」。

通常運転の変人。巨人に対して周囲がドン引きするほど歪んだ愛情を持つ。研究の出費が激しくいつもお金がないので、リヴァイに常にたかっている。リヴァイと同じく学校の寮暮らしで、寮にはハンジが仕掛けた様々な罠が張り巡らせてある。
原作で性別不明なためか、制服を着用せず、漫画では作業着、アニメではジャージを制服替わりとしている。
覆面バンド「No name」に参加しており、ベース(アニメではギター)担当。所属クラブは生物部。
嗅ぎ癖健在。てか、中学生には見えない老け顔。寡黙だが紳士的でかなりの怪力を持っており、クリスタが脚立から足を滑らせて落ちた時には軽々と受け止めていた。潔癖症の一種で自分の親が作った料理以外は食べられず、その誤解からナナバと仲違いをしていたが、後に和解した。
所属クラブは料理部。「No Name」ではドラム担当。

2年生

中二病。一日三回舌を噛んでる。意外と学業優秀だが、自慢したがるのでぺトラたちからうざく思われている。リヴァイに憧れ何かとマネをしているが、ペトラ曰く全然にていない。
所属クラブは男子テニス部。

中二病。調査兵団を闇の組織と自慢する中二病。4人組の中では一番成績が悪い。服装について少し厳しい一面もあるが、基本は優しいお姉さん。しかしオルオには辛辣かつ容赦ない。
所属クラブは吹奏楽部。
中二病。変人の多い調査団の中にあって常識人。冷静に物事を判断し行動するタイプで、2年のまとめ役になっている。グンタと仲が良い。
所属クラブは映研。
中二病。寡黙そうに見えてノリがよく、イベント事には全力投球。硬派そうに見えるがそうでもなく、可愛い子を見れば胸がときめく。
所属クラブは水泳部。

壁美化部

原作における駐屯兵団のメンバー。期限になっても所属部を決めなかったエレン、ミカサ、アルミン、ジャン、サシャ、コニーが担任に勝手に入部させられた。立体機動を使って校内の壁を美化する部。

壁美化に誇りを持っている先輩。原作と違い寒いギャグを言うし、ドジっ子でもある。後輩には厳しいがイアンには赤面する。
所属クラブは壁美化部。
おおらかで下級生に寛大な先輩。リコから好意を抱かれているが、気づいていない。
所属クラブは壁美化部。
壁美化部の顧問。家庭の事情でしばらく休職していた。原作同様エレン、ミカサ、アルミンとは昔からの顔なじみ。

料理部

原作における調査兵団のウトガルド城のメンバー。ミケも所属している。

3年生。とある理由でミケに復讐するが、後に和解した。怒ると包丁をつきつけてくる。
所属クラブは料理部。
2年生。ナナバと同じくミケに復讐するが、後に和解を果たした。
所属クラブは料理部。

生徒会

原作における憲兵団のメンバー。アニも所属している。

学校の秩序を守るため奔走するが空回り気味。
好きな食べ物はおにぎり。
猫かぶったり特権のために生徒会に入ったりなど狡猾な性格。何故かジャンとの絡みが多い。
好きな食べ物はチーズケーキ

その他

権力を笠に着る典型的な嫌われ教師。調査団以外でエルヴィンの本性を知る数少ない人物であり、以前エルヴィンが影で巨人を叩きのめした罪を擦りつけられた為、エルヴィンを敵視している。妻子持ちだが、新聞部に色々なキャラクターとの不倫報道をでっちあげられたことがある。

教員資格取り立ての1年3組の新しい教師。明るく人当たりの良い美人で、生徒から人気は高い。
実はクリスタの異母姉で、権力者である父親の名前を使って生き別れた妹のいるクラスに赴任してきた。正体がバレたら別の学校に異動させると父親から言われているため、妹に関係を明かせないでいる。その反動からか、かなりのシスコンで妹に萌えて鼻血を出す残念な美人。ユミルが天敵。
アニメでは本家のアニメに先駆け、謎の幽霊として登場している。
新聞部員。学校に関する重大な秘密事項を生徒手帳に記録する。
人間と一緒に学校に通う種族で裸。人間は食べないが人間を見下しある物を奪う。エロ本を買ったり、ブルマを盗まれて泣くなど、かなり人間臭い。
しかし、高度で先進的な授業を行っている。
塾のお友達を頼んでジャンへのラブレターを送る。
突然現れて突然消える謎の超大型な校長。エレンのチーハンを奪って食べたことから、エレンが巨人を憎むきっかけとなった仇敵。
原作で同一人物にあたる人物は生徒として登場しているが、本作での関連性は現在のところ不明。ちなみに校長が出てくると、その生徒と幼馴染たちは一切出てこなくなる。

pixiv内での作品について

pixiv内では公式パロディの二次創作だけでは無く、非公式の学園パロディ作品にもこのタグが付けられる場合もある。

関連イラスト

【3組】進撃!巨人中学校



外部リンク


関連タグ

漫画 進撃の巨人 別冊少年マガジン
学パロ スピンオフ パラレルワールド 中学校

pixivに投稿された作品 pixivで「進撃!巨人中学校」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4518527

コメント