ピクシブ百科事典

進撃の巨人(実写版)

あたっくおんたいたん

2015年に前後編2部作で公開された日本の特撮映画。「進撃の巨人」の実写映画。PG-12。
目次[非表示]

諫山創漫画進撃の巨人」を原作とし、2015年に前後編2部作で公開された日本の特撮映画
東宝配給。
8月1日公開の前篇タイトルは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
9月19日公開の後篇タイトルは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』
かなり残虐な表現が含まれるが、レーティングはPG12に抑えられている。

概要

2011年実写映画化が発表された。
監督は当初中島哲也が予定されており、諫山創とも話し合いを重ねていたが中島が2012年に降板。
2013年樋口真嗣監督が変更となったと発表された。
2014年の4月に三浦春馬の主演が決まり、11月には他のキャストも発表された。
実写版スタッフは、企画の段階から諫山および諫山の担当編集者と打ち合わせを重ねており、当初は原作に沿った内容の脚本を提出したところ、諫山から「エレン性格を、原作とはまったくの別人にして欲しい」という要望を受けたことで、ストーリーを含めた大幅な再構築をはかることとなった。

脚本の町山智浩は最初はオファーを断っていたが、諌山から三回依頼され引き受けた。町山は原作漫画の4巻ぐらいまでのストーリーをそのまま参照して、90分程度のシナリオにまとめたが、それを読んだ諌山と講談社の担当編集の川窪慎太郎が「原作とは全く違う話にして欲しい」と要望した。

映画版オリジナルキャラが多数登場する理由は、作品の舞台をドイツ風から日本風に変更した関係上、エレンミカサアルミンなどは、日本人名前としてもかろうじて有り得るが、リヴァイエルヴィンといった明らかなドイツ名は、日本には絶対に存在しないため、オリジナルキャラに置き換えた、または登場させなかったとのことである。

また「巨人で怖がらせないで欲しい」という諫山の要望を受け、CGではなく実際の人間が演じる特撮映画となった。

樋口真嗣監修によるPG12版プロモーション映像(※残虐な描写を含む)



スタッフ

ANTI-HERO(前篇)
作詞 - Fukase 作曲 - Nakajin 編曲・歌 - SEKAI NO OWARI
SOS(後編)
作詞 - Saori 作曲 - Fukase 編曲・歌 - SEKAI NO OWARI


キャスト


オリジナルキャラ(注・映画のネタバレを含みます)

「人類最強の男」の異名を持つ。原作におけるリヴァイに相当する人物。調査兵団の隊長で、ミカサの師匠でもある。

斧を武器とする巨漢で、5人兄弟の長男。なんと立体起動装置無しで巨人と渡り合う常人離れした戦闘力を持ち、憎まれ口を叩くジャンに対しても気さくに接する仲間達の良き兄貴分でもある。
実写オリジナルキャラの中では後半まで生き残っていたが、後編でシキシマの手からエレン達を逃すためにシキシマの部下諸共自爆し、死亡した。
巨漢、仲間達の兄貴分という点から原作におけるライナーに相当する人物と言える。当初はライナーが登場する予定だったが、原作での設定を考えてオリジナルキャラとなったらしい。

リルとはラブラブカップルで、原作におけるフランツに相当する人物。外壁修復作戦から生還したらリルと結婚する約束をしていたが、夜明けの巨人襲撃時に巨人に下半身を捕食されて死亡する。
dTVで配信された本作の前日談『反撃の狼煙』第3話ではリルとの出会いや交際することになった経緯が描かれている。決して仮面ライダーには変身しない

未亡人で、子供の養育費を稼ぐために兵士に志願した。リルとは親交があり、彼女の良き理解者でもあった。
エレンに好意を抱いていたらしく、戦闘狂に変わり果てたミカサとの再会でショックを受けていたエレンを色仕掛けで誘い、「娘の父親になってほしい」と頼むが、その直後に巨人に襲われて生きたまま丸呑みにされた。エレンも後に同一の巨人に食われる事となり、巨人の胃袋で再会を果たすが、すでに事切れていたために救えず、エレンが覚醒するきっかけとなった。

フクシとはラブラブカップルで、原作におけるハンナに相当する人物。美人の上に対人格闘技の実力も高かったため、同期の男性兵士達の憧れの的だった。
作戦中にフクシの死によって発狂し、復讐のために外壁修復用の爆薬を強奪して巨人の群れに特攻して爆死する。
高い対人格闘技の能力を持っている、同期の憧れの的であるという点から、ハンナだけでなく原作におけるアニクリスタの要素も持っていると言える。

エレン達とは顔馴染みで、駐屯兵団に所属していたが、2年前の超大型巨人の襲撃で妻子を失ってからは衛生兵に転向し、エレン達と共に外壁修復作戦に参加する。原作におけるハンネスに相当する人物。
実はエレンが幼少の頃に彼の父親の下で医学を学んでおり、その為にエレンの巨人化能力の秘密を最初から知っていた。後編で憲兵団に処刑されそうになったエレンを助けるために巨人化能力の秘密を説明して弁護しようとしたが、クバルに口封じのために射殺される。

憲兵団所属の政府高官で外壁修復作戦の最高責任者。常に敬語を使うが、それが逆に何だか胡散臭い雰囲気を醸し出している。その正体は…。

訓練兵団の教官を務めている人物。外壁修復作戦にも参加し、巨人の気配に怯えて冷静さを失った兵士達を鎮めようとしたが、その瞬間横の物陰から現れた巨人に捕まって捕食された。
『反撃の狼煙』ではハンジ、イズルと共に全編に渡って登場し、暴走しがちなハンジや食い意地が張っているサシャに手を焼く様子が描かれている。
原作におけるキースに相当する人物だが、原作のようにサシャが半分渡した芋をちゃっかり食べていたり、訓練中に折り紙を折っていたりと、キースと比べるとややお茶目な一面も見せる。

『反撃の狼煙』に登場する憲兵団所属の予算管理官。一応ハンジより上の立場なのだが、彼女には頭が上がらず、常に彼女に振り回されているという原作におけるモブリットに相当する人物。ハンジが着けているゴーグルは彼が贈ったものである。

主要な原作との差異

リヴァイの代わりにシキシマなど、複数のオリジナルキャラクターが原作キャラと置き換わる形で登場している。
・エレン、ミカサ、アルミンらは少年ではなく青年という設定(働いている描写がある)。
・エレンとミカサは同時に入隊するのではなく、最初の巨人の襲来時に生き別れとなり、後に再会する。
・原作の世界は中世のドイツをベースとした完全な架空世界として描かれているが、こちらは我々が住む21世紀の世界が巨人の出現を発端に文明崩壊した後の世界という設定で、完全に日本をベースとしており、衰退前の文明の存在を思わせるものが所々に登場する(不発したミサイル、壁の材料として使われているヘリコプターの廃機など)。
・そのため壁の中の世界の技術レベルは原作より遥かに進んでおり20世紀初頭ぐらいの雰囲気(少量だが電池が使用されている。軍には大型の自動車が存在する)。変更した理由は不明だが、メタ的な視点からおそらく馬や中世ヨーロッパの世界観を用意するだけの予算が無かったからだと思われる。
・原作では物語開始の数十年前から何度も調査兵団が壁外調査を繰り返しているという設定だったが、本作は壁の中に逃げ込んで以降は百年間一度も人類は壁の外には出ていないという設定である。そのため物語開始時点では巨人の実在を疑う者すらおり、立体起動装置は超大型巨人襲撃後にハンジによって開発された兵器で、調査兵団も外の壁奪還作戦に向けて作中で新たに結成された兵団である。
・原作と違って壁の外の世界の情報や技術もある程度は残っている為か、過去の失われた文明の技術を研究したりすることは法律で禁じられている。(ただし原作でも武器、兵器を含めた急速な技術の発展は王政府が陰で隠滅していた)
・原作の巨人の表情は如何なる時も変化せずとにかく無機質、無感情な印象が強いが、本作は個体によっては怪我をした際に苦しむ様子や鳴き声をあげる描写も見られる。また人間ほど豊かではないものの感情の存在が伺える反応も見られる(例えばエレンが巨人化した際に周辺の一同が驚いた表情を浮かべた)。
・前述のとおり殆どの巨人は人間が演じているため、アンバランスな体格をした個体が極端に少ない。また、原作では女型の巨人以外はいなかった女性風の体の個体も多くなっている。
・原作の巨人は本来は食事をする必要もなく、人間を捕食する理由も不明で、死体には全く興味を示していなかったが、本作の巨人は死体を奪い合ったり壁についた死体を舐めとったり等、普通の生物感がかなり強い設定になっている。捕食した人間も原作の巨人のように吐き戻したりせず、ちゃんと消化している模様。
・さらに原作の巨人のように質量の割に重量が軽いなどの特徴もなく、そもそも作中で明かされた巨人の正体や成り立ちなども全く原作のそれとは異なるため、本作の巨人は原作の巨人とは完全に別物である。エレン達巨人化能力者の設定や成り立ちや能力等も原作とは全く異なる。(これは本作が製作されたのがまだ原作で巨人関連の謎がほとんど判明していなかった時期なのである意味当然とも言える)


評価

登場人物の多くがオリジナルキャラクターであることや、諫山の要望によりエレンの性格別人に設定したことで、各キャラのキャラクターや人物関係も原作とは全く異なるものとなり、この時点で原作ファンからは大きな反発と批判を受けた。
ただし原作ファン以外からも通常巨人の特撮は全体的に評価は高いものの、それ以外のストーリーやキャラクターや設定等を含めた映画全体の評価は概ね不評である。純粋に脚本や演出の不備や役者の演技を批判する声も多い。
脚本を手がけた映画評論家町山智浩もこの各種改変については「原作レイプと言われて大炎上するのは間違いないです」と公開前に述べたうえで「でも勝ち目のない戦いに挑むのが進撃の巨人という話じゃないですか」と、批判を浴びることを前提で、スタッフは実写化に挑戦したとしている。



これに対し町山と親交のある宇多丸は、「ウィークエンドシャッフル」内で前編を「頑張っていることは伝わる」「特撮ファンが応援したい気持ちもわかる」「ハリウッドの大作映画の真似にはなっていない」と、好意的に見ざるをえない部分があるとしたうえで、映画としては「ダサい」「間が悪い」「役者の大芝居が痛い」「キャラクター同士のやり取りや台詞回しが現実感が無さすぎて見ていて辛い」などと、多方面にわたり酷評している。



なお諫山創は「脚本町山智浩さんはすごく考えている。特に後編は、反体制やロックンロールの精神がよく出ている。樋口真嗣監督の特撮に対するがあふれている。生き生きとやってもらえるのがうれしかった。」と語っている。

特に後編は、前編で主に評価が集中していた通常巨人達が、予算の都合かほとんど出てこないのもあって前編ではまだ好意的だった観客からも非常に評価が悪く、実際に観客動員数や興行収入も前編から一気に半減してしまった。
そのためか前編の時点では町山氏の予想通り、炎上という形である種盛り上がってはいたものの、後編の公開に前後して一気に下火になり、後編は炎上という形ですらほとんど話題にもならなくなってしまった。
挙句の果てにはネット上でこんな小話が出る始末。
「進撃後編はここ10年で文句なしの最低のクソ映画」
実写版デビルマンは?」
「あれは11年前」

その他

2014年1月24日の金曜ロードショーで、スバル SUVフォレスターとコラボした実写化のCMが一度だけ放映された。


関連タグ

進撃の巨人 映画 実写版 実写映画 特撮

関連記事

親記事

進撃の巨人 しんげきのきょじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「進撃の巨人(実写版)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14736

コメント