ピクシブ百科事典

三顧の礼

さんこのれい

故事成語の一つ。 目上の者が、才能ある人物に礼を尽くして頼みごとをすること。 三国志が由来。
目次[非表示]

概要

三顧の礼とは故事成語の一つで、目上の人が格下の者に何度も出向いてお願いすること。その由来は三国志劉備諸葛亮を臣下として迎え入れるために三度も赴いたことから。

故事

蜀を興した劉備の下には、彼の人徳に引き寄せられ、勇猛果敢な武将が数多く揃った。
しかし戦略に長けた「軍師」はおらず、この先の戦いに不安を感じていた。

そこで専属の軍師を探すことを決めると、当時軍師を兼任していた政務官の徐庶から「諸葛亮」という男がいることを聞かさせ、劉備は彼の勧誘に踏み切る。
だが臥龍とまで称えられる諸葛亮は、隠棲して人と滅多に合わないことで知られ、説得を頼まれた徐庶は劉備自ら赴くことを勧める。

このとき劉備は既に47歳に達し、対する諸葛亮は27歳と大きな歳の差があった。
儒の教えに則するなら、本来は諸葛亮が劉備の招聘に応じて出かなければならないが、劉備は徐庶の進言を受けて関羽張飛を供に諸葛亮の住む山庵へ向かった。
ところが一度目と二度目は留守、三度目は昼寝の最中で三人の訪問に気づかずにいた。
応対した諸葛亮の弟・諸葛均が起こしてこようかと尋ねると、劉備は「起きるまで待とう」とその場に座って動かず、諸葛亮の起床を待ち続けた。

起きた諸葛亮は弟から劉備の来訪を聞いて流石に気まずくなり、ようやく劉備の前に姿を現す。
諸葛亮は「曹操の天下平定は時間の問題です。私では力になれません」と誘いを断った。
すると劉備は「曹操の横行を許してしまった自分の不甲斐なさが悔しい」と、人目も憚らず涙した。
その姿に諸葛亮は「彼は真に漢の未来を憂いている」と感銘し、出仕を決意したのだった。


関連タグ

故事成語 諸葛亮 劉備

千円札 笑点の座布団10枚の商品のキーワードとなっていた。3個の0だから。

pixivに投稿された作品 pixivで「三顧の礼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2762

コメント