ピクシブ百科事典

概要

江戸時代後期に活躍した俳人
三歳で実母と死別後、八歳から継母の下に育てられ、一四歳の時江戸に出る。
のち二六庵竹阿の門に入り、俳諧を学ぶ。

その作風は鄙語、俗語を駆使したもので、日常生活感情を平明に表現する独自の様式を開いた。
著に「おらが春」「父の終焉日記」などがある。

関連記事

親記事

俳人 はいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小林一茶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント