ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

説明編集

1716(享保元)年、摂津国東成郡毛馬村に生まれる。

江戸に移って早野巴人に師事して、俳諧を学ぶ。

後に京都に上って、画作に精進するかたわら、俳人として名を成す。

俳人として蕉風への回帰を唱えて、天明年間の俳諧の中心的存在となった。

その俳風は古典や歴史に題材を求めた客観的な態度で絵画的で印象鮮明なものであった。

俳人としての代表作に新花摘、画家としての代表作に十便十宜図がある。


代表的な俳句編集


蕪村妖怪絵巻編集

俳人として評価を不動のものとしている蕪村であるが、旅の途中に見聞きしたものであると考察される妖怪絵巻を俳画の技法で描いている。

よく知られている妖怪だけではなく、他の絵巻に見られない個性的なものもあり、その後の創作物にも大きな影響を与えている。

現在、原本の所在は不明で、昭和3年に復刻されたものが残されている。


一覧


関連タグ編集

江戸時代 俳句 俳人 画家

関連記事

親記事

俳人 はいじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました