ピクシブ百科事典

銀杏の木の化物

いちょうのきのばけもの

日本の妖怪の一つ。ギンナンではなくいちょう。

概要

江戸時代の俳人・与謝蕪村著の『蕪村妖怪絵巻』に記載される妖怪。具体的な名前はないようだ。

黒で染められた着物を着ており、頭が大きく、手足や顔が黄色い姿をしている。

大御所・水木しげる著の妖怪図鑑では化け銀杏の精、あるいは化け銀杏の霊という名で紹介されており、鉦(しょうこ)をたたいて出現すると解説されている。

また、イチョウの木は不吉の象徴とされ、家に植えるとよくない事が起きるといわれているという。

関連タグ

日本妖怪 妖怪
 
タンコロリン木霊万年竹→植物系の妖怪つながり。ただし万年竹は水木の創作した新しい妖怪。

 
ツリーフォーク→樹木の化身とされる妖精

関連記事

親記事

日本妖怪 にほんようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「銀杏の木の化物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント