ピクシブ百科事典

種田山頭火

たねださんとうか

俳人(1882年12月-1940年10月)。あるいは『文豪ストレイドッグス』の登場人物。
目次[非表示]

概要

本名は種田正一。
山口県防府市出身。
10歳の時に母親が自宅の井戸に飛び込んでしまう。そのことが生涯のトラウマとなってしまう。
現在の山口県立山口高校→早稲田大学に進むも、神経衰弱という精神病を患い、退学を余儀なくされる。

俳句そのものは10代半ばの頃からたしなんでいたが、荻原井泉水という人が主催する俳句サークルに参加してから本格的にのめり込むようになっていく。

愛媛県松山市でこの世を去った。

ただこの人の生涯は、実はかなりファンキーでハチャメチャで支離滅裂だった。
「無駄に無駄を重ねたような一生だった、それに酒をたえず注いで、そこから句が生まれたような一生だった」
――と、山頭火自身が晩年の日誌に綴るほど。

作風

その作は「自由律俳句」と呼ばれる、「“五七五”の調律」「季語の必要」「『なり』『や』『かな』等の“切れ句”の仕様」などの俳句の体裁を、敢えて破りながらも俳句であろうとするもの。
山頭火が代表とされるが、その祖は彼の師である荻原井泉水に行きつく。
同門の尾崎放哉が“静”とされるのに対し、山頭火は“動”と評される。

代表作

  • まつすぐな道でさみしい
  • 分け入つても 分け入つても 青い山
  • 音はしぐれか
  • ほうたる ほうたる なんでもないよ
  • あるけばかつこう いそげばかつこう


 ……など

文豪ストレイドッグス」における立ち位置


内務省異能特務課長官を務める。
福沢が武装探偵社を立ちあげる際にも尽力していて、「種田先生」と呼ばれている。
太宰を探偵社に推薦した。
強力な異能を持っている様子。
CV:立木文彦

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「種田山頭火」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3174

コメント