ピクシブ百科事典

ガーリッシュナンバー

がーりっしゅなんばー

渡航作の小説およびそれをベースとしたメディアミックス作品。
目次[非表示]

概要

電撃G'sマガジンの付録小冊子「DENGEKI G's NOVEL」で発表されている、声優業界を舞台にしたライトノベル作品。著者は渡航。イラスト・挿絵はQP:flapperが担当している。
またコミカライズが電撃G'sコミックで連載中。テレビアニメが2016年秋アニメとして放送。

先にアニメ化された『それが声優!』と比べると、まず主人公を含め声優全員がひねくれ者ばかりが特徴。

作者は「オーディションの際、声優の皆さんにこの作品のキャラクターは全員クズであることを前提に演じてくださいと伝えました。結果、選りすぐりのクズが集まりました」と説明している。
また、そのひどさ故に、出演者のひとりが、「メガミマガジン」(学研プラス)でのインタビューの中で「現実のアニメ業界や声優の世界はこんなにひどくないです。フィクションフィクション!!(要約)」と釈明するハメになった。

登場人物

斜体文字はコミックウォーカーの紹介ページからの引用です。あらかじめお含み置き下さい。

CV:千本木彩花
見た目はかわいいが性格はクズな新人声優。調子に乗りやすく凹みやすい。新人なのに偉そうな態度で、特に根拠の無い自信に満ち溢れている。
CV:本渡楓
千歳とは声優養成所で同期だった友人。天然のあざとさが一部から嫌われている。なかなか立派なものをお持ち。
CV:石川由依
千歳の所属する事務所の先輩。仕事があまり舞い込まない、つまり売れないのでアルバイトを掛け持ちしている。悟浄とは元同期に当たる。
CV:鈴木絵理
アイドル声優ミュージシャンとして活躍する高校生両親が業界の大物なこともあり、性格は生意気。ただ、その両親との関係で人知れず悩んでいる。
CV:大西沙織
役者へのあこがれが強い意識高い系声優。売れっ子だが、ラノベアニメや役者以外の仕事をやらされることに不満を感じている。
実は、山形のとある温泉宿の一人娘。
CV:梅原裕一郎
千歳の兄でありマネージャー。仕事を舐めきった妹の態度に頭痛が絶えない。かつては声優だったが、挫折してしまい裏方に回ったという過去がある。
  • 九頭P
CV:中井和哉
アニメ作品を企画・製作しているプロデューサー。軽薄適当いい加減と三拍子揃ってしまった救いようのない人物。名は体を表すとはこの事か。「アイドル声優×ラノベ=売れる」というおかしな理論で『九龍覇王と千年皇女』をプロデュースするが、その結果は・・・・・・。
  • 十和田AP
CV:江口拓也
九頭Pを補佐するアシスタントプロデューサー(AP)。上司とは正反対の真面目な人物。それゆえに九頭Pのしでかした事の責任を押し付けられてしまう事もある。
  • 難波社長
CV:堀内賢雄
千歳、八重、京が所属する声優事務所・ナンバーワンプロデュース(ナンプロ)のボス。良くも悪くも(と言うよりはどちらかというと悪い意味で)豪快。
なお、中の人は、ガチで声優事務所の社長
CV:佐藤亜美菜
ナンプロが企画した声優オーディション企画でグランプリを獲得してデビューを果たした期待のルーキー声優。『九龍覇王と千年皇女』の大ファンであり、主演の千歳にも憧れの目を向ける天使。
  • 松岡重三
CV:松岡禎丞
悟浄が七海担当に転属した事に伴い、千歳のサブ(と言う名の後任)マネージャーに配属された。冬でも半袖短パンで、とにかく暑苦しい体育会系
  • 角倉創
CV:石井一貴
『九龍覇王と千年皇女』原作者。小声で弱気。度々現場を訪れディレクションすることもある。アニメの出来にショックを受ける。

テレビアニメ

2016年秋アニメとしてサンテレビおよびBS-TBS、さらにはTBSとそのお友達約1局にて放送。
その一方で、東海3県では、CBCはおろか、三重テレビ岐阜放送(あるいはテレビ愛知ですら放送されない
アニメーション制作はディオメディア

全12話。物語はノベル版の後の話となっている。
なお、原作者の渡航がシリーズ構成を手掛けた。

外部リンク

コミックウォーカー連載ページ
テレビアニメ公式ホームページ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガーリッシュナンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1572272

コメント