ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

過去に存在した1日1本の名古屋通過ののぞみ号が由来である。

現在では夜行列車を除いて名古屋駅を通過する列車は存在しない。


今では、全国で開催されるイベントが愛知県で開催されないケースを「名古屋飛ばし」と表現することがほとんどである。


名古屋飛ばしと呼ばれた「のぞみ301号」編集

名古屋飛ばしの発端になったのは、1992年3月14日に登場した、東海道新幹線のぞみ301号であるとされる。

朝6時に東京を出発するのぞみ301号は、新横浜に停車した後、新大阪までノンストップであった。そして、この停車パターンの便は1日下り1本だけという極めて特殊な列車であった(ちなみに新横浜は当時は利用者が少なく、のぞみ・ひかりの一部が通過していた)。


こうなった理由は、当時のJR東海航空機とのシェア合戦において東京の出張客に対して「のぞみで新大阪まで2時間30分で行ける」「大阪(梅田)の午前9時からの会議に間に合う」を謳い文句にしたものの、当時は始発列車から数本は夜間に保線した箇所を徐行して路盤を固める方法をとっており、通常の停車ではそれが達成できないと判断。苦肉の策として当時は駅手前まで減速しており影響が少ない新横浜のみを停車とし、代わりに名古屋駅と京都駅を通過する結論に至ったのである。但し、名古屋駅も京都駅も開業時から全停車を前提に作られており、通過するにしても時速70kmまで減速しなければならなかった。


これに対して愛知県の行政・経済界・メディアが反発し、特にメディアにいたっては「名古屋市民全体が怒っている」といわんばかりの報道をしたことで新幹線を利用しない市民まで巻き込む騒動にまで発展した。これに対し須田寛社長が行政や企業を回って釈明する事態にまでなった。


ちなみに名古屋の経済界と仲が悪かった葛西敬之副社長(当時)の嫌がらせという都市伝説が広まったがこれはまったくのデタラメで、むしろ葛西は1995年の社長就任後名古屋飛ばしの対策に乗り出し、保線後短時間で足場を固める工事車両の開発を指示。1997年にその工事車両が導入され、徐行する必要がなくなったことから1997年のダイヤ改正で名古屋飛ばしののぞみ301号は消滅した。


イベントの名古屋飛ばし編集

全国的なコンサートツアーで名古屋開催がなかったり、コンセプトショップが名古屋に進出していないというケースを指す。

昭和時代、マイケル・ジャクソンマドンナが来日時に名古屋公演が無かったことが当時大きく話題となった。


2021年に愛知県で開催された音楽ライブの件数は約2000件でこれは東京都の約1/4、大阪府のほぼ半分であるが、上記二県に次ぐ全国三番目の開催数である。


深夜アニメにおいても第1シリーズは名古屋地区で放送されても第2シリーズは名古屋地区での放送をすっ飛ばされる例がある。ニセコイご注文はうさぎですか?等である。

また、第1シリーズから名古屋地区での放送がない例もある。ワンパンマングリザイアの果実などが当てはまる。

追記すると、グリザイアの果実の場合、アダルト(成人向け)ゲームが原作であり、一般的には子供向けである勇者シリーズなどを放送していた名古屋放送が強い懸念を示した為、放送を見合わせた経緯があった。

また、ワンパンマンの場合、作者が過去に過激な描写の漫画を多数ネット上で公開しているということが懸念され、放送不採用となった。


特例はあるものの、名古屋地区はアニメ放送の本数は多く、全国的に見たら非常に恵まれている。


関連タグ編集

無限キテレツ地獄 隣県での現象

関連記事

親記事

名古屋 なごや

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44340

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました