ピクシブ百科事典

名古屋飛ばし

なごやとばし

イベントの開催、列車の停車などが名古屋だけないこと
目次[非表示]

公共交通機関の名古屋飛ばし

一番有名なのは東海道新幹線のぞみ301号の名古屋通過であろう。
1992年3月14日に1日2往復が運転を開始したのぞみ号のうち下りの始発である301号が名古屋駅京都駅を通過するダイヤが組まれた。

これはのぞみ301号が首都圏の法人利用客が早朝に出発して、大阪市内近辺のオフィスへの出社時刻に間に合うように設定された列車だが、当時の需要ならびに保線技術の問題上、早朝1番列車とその後の数本の列車は徐行運転を余儀なくされていた。もしのぞみ301号を名古屋と京都に停車させると減速運転の関係からセールスポイントだった東京新大阪間2時間30分が達成できなくなる恐れがあった。そのために苦肉の策として名古屋と京都を通過することになった。

このことに対して大激怒したのがJR東海のお膝元。名古屋の政財界である。
当時JR東海の社長だった須田寛が地元に根回しをする前にこののぞみ号名古屋通過の方針だけが明らかになると、尾張地方の政財界は大反発。地元紙の中日新聞もネガティブキャンペーンを展開し、一カ月の間に国会議員や地方議員、知事、市長、財界団体や主要企業のトップら百人近くに足を運んだ。更にのぞみ301号を名古屋駅に停車させるようダイヤ変更を求める議員連盟が結成されかけた。
須田社長は「ダイヤは精緻に編成してあり直せない。議連ができたら困る」と焦りを隠せなかったという。

当時愛知県知事だった鈴木礼治はJR東海の方針に対し「通過して結構だとは言えんわな」とやんわり指摘。また、中部経済連合会の幹部は「本社のある所に止まらないのはどういうことか」と発言するなどその反響は悪い意味で広まった。一時はJR東海を中部経済界から永久追放にも動かす程だった。

この名古屋飛ばし問題は1ヶ月ほどで収束し、のぞみ301号は名古屋と京都を通過するダイヤで運行を開始した。その後保線技術の向上により、減速運転の必要がなくなるとのぞみの名古屋通過は消滅したものの、逆に名古屋停車が所要時間を延ばすだけでなく、需要が小さい為に乗り降りする人間も少ない結果となり、首都圏関西圏の経済界から「『名古屋飛ばし』を辞めたからこうなったんだ」と恨み節にも聞こえる発言もあった。

またオランダKLMオランダ航空が名古屋をすっ飛ばして福岡空港からアムステルダムまでの直行便を出したものの、首都圏や関西圏さらには東海圏と比べて九州圏からの国際線の需要が乏しかった事も有り、わずか2年弱で廃線となった。これは明らかにKLMのマーケティングミスである。KLMに代わってフィンエアーが2016年5月3日に夏期ダイヤとしてヘルシンキまでの直行便を運行されている(2017年以降も夏期ダイヤのみ運航される予定となっている)。

商業・娯楽の名古屋飛ばし

コンサート、特に国内外の大物アーティストの日本ツアーで名古屋公演が設定されない例やファッションブランドや大型量販店などの名古屋地域への店舗進出がなされないケースを指す事が多い。

家電量販店を一例にするとビックカメラエイデンソフマップなどは既に名古屋市内に店舗を構えているが、ヨドバシカメラだけは長らく店舗がなかった。一時は名古屋駅に建設中のJRゲートタワーへの出店も計画されたが、工期の遅れによりJRゲートタワーへの出店が中止された。代わって松坂屋名古屋店内に出店した事でヨドバシカメラは日本5大都市全てに出店したことになった。

近年は深夜アニメにおいても第1シリーズは名古屋地区で放送されても第2シリーズは名古屋地区での放送をすっ飛ばされる例がある。ニセコイご注文はうさぎですか?などがそれである。
また第1シリーズから名古屋地区での放送がない例もある。ワンパンマングリザイアの果実などが当てはまる。
特にCBCは2016年秋の改編以降、TBSの深夜アニメ枠毎日放送の(TBS向け深夜アニメ枠)アニメイズムの、いずれも2作品のうちの1作品しか放送しなくなっている。

外部リンク

名古屋飛ばし - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「名古屋飛ばし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147

コメント