ピクシブ百科事典

ゲッペルン

げっぺるん

ゲッペルンは『魔神英雄伝ワタル』に登場する魔神の一体。
目次[非表示]

概要

 ガラガラ村の支配者ジョン・タンクーガー専用機。装甲車に頭部と腕が乗っかっている容姿が特徴。
 但し、上半身に過剰なまでの武装が施されているものの、照準に若干の狂いが生じており、30m離れた標的を命中させるのに弾丸を250発消費させる為に命中率事態最悪である。

 また、乗り手の性格上弾薬が底を尽くのが早く、ドアクダー軍の第一界層年間予算を五ヶ月で使い果たし(神部新聞神宝88年5/2付けより)、搭乗者の解雇処分が検討されていた。

 龍神丸と戦うも、一発も当たらず、空神丸の助力により至近距離から撃つ寸前、城で仕留め損なったGが顔面に張り付き、逆上。武器を自身の顔面に放ち、直撃したことでダメージを受け自滅に近い形で倒される。

 だが、移動砲台や、制圧戦闘としての能力が評価されたのか、第三界層より上で量産化、大量配備される。

基本データ

 全高:3.0m
 重量:7.98t
装備、技
 魔神銃
  対魔神用の重機関砲。20mmの鋼鉄板をぶち抜く。

 ゲッペルン機関砲
  右腕に上下二門合わさり装着された50mm機関砲。たった30秒で全弾撃ち尽くす。

 セミ・オート機関銃
  側頭部に備えられた左右四門の機関銃。
  しかし、耳元で撃つ為に余まり使われない不運な武器であり、セミ・オート(蝉音)に変わった経緯がある。

 バズーカ砲
   肩部に備えられた大砲。弾切れになると花火が上がり、終了を告げる。

 光性子ミサイル
   車両前方の扉から発射される威力の高い弾頭弾ミサイル。内部に三本格納されている。

 6WD
  悪路でも雪道でも走破が可能な最新鋭六輪駆動。

関連魔神

ゲッペルタンク

関連タグ

魔神英雄伝ワタル

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲッペルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 809

コメント