ピクシブ百科事典

ドンゴロ

どんごろ

ドンゴロはメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル』に登場する魔神の一体。
目次[非表示]

概要

 ドアクダー四天王の一人ドン・ゴロ専用魔神。自身と同名の鬼型魔神で、単体での大きさでは最大を誇る(『』は設定過多のパラレルである為除外)。並みの機体では太刀打ちできず、通った後には無数の部品が散乱するのみ。背部の雷太鼓からジェット噴射しながらの飛行も可能。
 その実力は未知数であり、本気で戦った事さえ無いと云われる。実力を付けてきた戦神丸幻神丸を容易く葬るなど戦闘能力の一端を垣間見られる。

 左脹ら脛にはギーガンのソウルカッターで斬られた痕が残っている。

 耐久力もかなり高く、数々の魔神を剣の一振りで葬る龍王丸の鳳龍剣でさえ耐えきったほど。

 しかし、魔神殿の奥深くまで到達されたワタルの進撃を止められず、痺れを切らしたドアクダーによって胸部を撃ち抜かれ炎上。将軍が粛清され、その機能を停止した。

基本データ

 全高:6.45m
 重量:34.0t
技:如意棍棒【にょいこんぼう】
   操縦者の意志により制限無く延び続ける棍棒。この状態でも破壊力が衰える事は無い。
  首領剣【ドンソード】
   一度引き抜けば必ず死人が出ると云われる剣。
  邪鬼牙【じゃきが】
   股間にある牙。機能はギーガンのブラッシャージョーズに似ているが、粉砕力はその比ではない。
  ドンゴロビーム
各種部位
  力士闘肩【りきしとうけん】
  金剛闘肩【こんごうとうけん】
   左右のショルダーアーマーに備えられている鬼の頭部。強力な結界を発生させる。
  魔牙宝珠【まがたま】
   勾玉を製作する際に削ぎ落とした魔骸で出来た髪飾り。
  凶鬼眼【きょうきがん】
   胸部の眼から緩やかな催眠光波を出す。戦神丸達を倒したVer.のドンゴロビームは此処から放っている。

関連タグ

魔神英雄伝ワタル
魔神

pixivに投稿された作品 pixivで「ドンゴロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 779

コメント